fbpx

【花粉症症状・原因】雨の日や翌日に花粉症がひどくなる?喉のイガイガ、痛み、咳がでるのはなぜ?

【花粉症症状・原因】雨の日や翌日に花粉症がひどくなる?喉のイガイガ、痛み、咳がでるのはなぜ?

雨の日の翌日にからっと晴れると、花粉症の症状がキツイと感じやすいようです。とくに喉のかゆみや痛み、咳の症状が目立ちます。また田舎よりも花粉が少ないはずの都会で多くみられる現象です。

ここでは雨が与える花粉への影響や雨の翌日に起こりやすい花粉症の症状の特徴、対策法などをご説明します。

1.花粉のアレルゲン

雨が花粉に与える影響をご説明する前に、花粉のアレルゲンについてお話します。

花粉症が引き起こされる原因は花粉そのものではなく、花粉の表面や内部にあるアレルゲンと呼ばれる物質(抗原)です。

スギ花粉でいうと、花粉の表面に付着しているCry j 1と、花粉内部にあるCry j 2などがアレルゲンです。それらのアレルゲンが身体の中に侵入し、すでに身体の中にできていた抗体と結合することでスギ花粉症が発症します。

スギ花粉のアレルゲン 構造 Cryj1 Cryj2

DAIKIN より引用

  • ・ヒノキの主なアレルゲン:Cha o 1 Cha o 2など
  • ・ブタクサの主なアレルゲン:Amb a 1 など
  • ・ヨモギの主なアレルゲン:Art v 1 など

Check! 花粉症が起こるメカニズム

花粉症の原因となる物質は花粉の表面や中に存在する特定のたんぱく質です。それをアレルゲン(抗原)といいます。花粉アレルゲンが目や鼻などの粘膜から侵入すると、白血球の一種のマクロファージがそれらを取り込みます。
すると、その刺激で免疫細胞であるTh0細胞から、Th1細胞とTh2細胞がつくられます。Th2細胞は花粉やハウスダストなどのアレルゲンに反応し(アレルギー反応)、Th1細胞は細菌やウイルスなどの異物に対して反応します。
本来はTh1細胞とTh2細胞は相互にその働きを見張り、この2つがバランスよく働きます。例えばTh1細胞はTh2細胞のアレルギー反応を抑える役割を果たしています。
しかし、原因花粉にたくさん曝露すると、そのアレルゲンの刺激でTh2細胞が過剰につくられてしまいます。
すると、そのアレルゲンに特異的なIgE抗体が産生されます。この段階を「感作」といいます。
再度、そのアレルゲンが体内に入ってくると、産生されていたIgE抗体とアレルゲンがマスト細胞や好塩基球細胞にくっついて活性化させます。
するとヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質が大量に放出されます。
ヒスタミンやロイコトリエンなどは鼻や目などの粘膜にある受容体を刺激し、くしゃみ、鼻づまり、目の充血といったアレルギー症状が出てしまうのです。

花粉症が発症するメカニズム

2.雨が花粉に与える影響

・雨で花粉が破裂する

埼玉大学大学院理工学研究 王青躍教授らの研究報告によると、花粉は雨などが原因で湿気を含むと膨張します。すると大気中の他の物質(PM2.5や黄砂)などと衝突して花粉が破裂しやすくなります。

自然な状態で破裂する花粉の割合は約2割程度ですが、大気汚染物質と接触した場合約8割が破裂すると王教授はいいます。

例えば、スギやヒノキ花粉でいうと、朝方に山間部で花粉が飛散すると、風にのって数百~数千キロもの距離を超えて昼頃に都心部に到達しますが、その間に雨が降ると花粉が膨張し大気汚染物質と衝突して花粉が破裂しやすくなるのです。

【花粉が破裂する原因】

 PM2.5や黄砂などの大気汚染物質

・破裂した花粉からアレルゲンが放出

花粉が破裂すると、花粉の表面や内部にあるアレルゲンが放出されます。

スギ花粉の一般的な直径は約30μmですが、アレルゲンであるCry j 1やCry j 2はPM2.5よりも小さい0.1μm以下の大きさとなって放出されます。

アレルゲンはそのままの姿で飛ぶこともありますが、PM2.5や黄砂、その他有害な大気汚染物質に付着して空中を浮遊します。

・雨上りに乾燥すると再び舞い上がる

雨がふると花粉や花粉から放出されたアレルゲンは地上にいったん落下します。

ところが、雨があがり天気になると空気や地面が乾燥し、花粉やアレルゲンは再び空中に舞い上がります。

その結果、雨上りの晴天は花粉を感じることが多いのです。とりわけ花粉アレルゲンは微小粒子になっているので体内に侵入しやすくなっています。

・都会ほど舞い上がりやすい

地面が土のところでは、雨で落ちた花粉は土の中に吸収されます。ところがアスファルトやコンクリートでは吸収されにくいので、地面が乾燥すると花粉が再び舞い上がりやすくなります。都会で雨上がりに晴れると花粉を感じやすいのはこのためです。

3.雨の日は咳や喉の症状が多い

・微小なアレルゲン粒子が喉《のど》や気管支に侵入

花粉症の原因物質であるアレルゲンの大きさは花粉よりも微小な粒子になっています。スギ花粉の例でいえば、花粉が30μmであるのに対し、アレルゲンであるCry j1やCry j2は0.1μm以下のサイズです。

花粉症の症状は花粉や花粉アレルゲンが原因で目や鼻の粘膜や神経が刺激されることで起こるものです。花粉のサイズであれば直接に呼吸器系の深部に入り込めませんが、アレルゲンはより花粉よりもかなり小さい粒子なので、鼻や目の粘膜をすり抜けて喉や気管支、肺などに入り込みます。その結果、喉がイガイガしたり、痛みを感じたり、咳が出やすくなるのです。頭皮や首のまわりなど皮膚のかゆみが多く感じられるのも、乾燥した皮膚の表面から花粉アレルゲンが侵入しやすいためです。

・気管支炎や喘息の誘発も

花粉アレルゲンは粉じん、排気ガス、工場排煙、金属成分、硫酸塩や硝酸塩など、いわゆるPM2.5に付着していることがあります。すると花粉のアレルギー性が増悪されてしまいます。

王青躍教授によると、悪性化した花粉アレルゲンが呼吸器系深部まで侵入すると、それらが原因となって気管支炎や喘息などの症状を発症させることもあるのです。

4.まとめ~花粉症対策にはウイルス対応製品を

ここまでの説明でおわかりのように、花粉症対策をしっかりするためには、アレルゲンのような微細粒子に対応できるものが必須で、いわゆる「花粉対応」の商品では不十分です。できればウイルス対応している製品を選ぶのがいいでしょう。最近では多くの使い捨てマスクや空気清浄機がウイルス対応になっているので、そのようなものを選ぶことをおすすめします。

フィルター性能ではウイルス捕集率99%以上(PFE99.6%、VFE99.5%、BFE99.6%)

アマゾンで買う

➡人気No1「アレグラFX」と効能効果が同じで値段が安い

アレルビ 

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品