【花粉】2018年春の花粉飛散は今年より多め?~前年の花粉飛散量と夏の日照時間が決め手

2018年春の花粉予測

『あなたの健康百科編集部』によると、NPO花粉情報協会の理事で気象予報士の村山貢司氏は2018年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量を大半の地域で今年より増加する見込みだという予測しているそうです。

来春の花粉飛散量予測に関しては、日本気象協会が「今年より多い」、ウェザーニュースが「今年より少ない」と真逆であったことから注目を集めました。

【花粉】驚き!2018年春の花粉飛散予測が真逆に?!2つ花粉情報に違いが出る理由は?

それでは、NPO花粉情報協会の村山氏の予測内容はどういうものでしょうか?

➡10月、11月の花粉は?

【花粉情報】秋の花粉症はいつまで?10月、11月の花粉カレンダー~特徴や対策法も

1.花粉飛散量予測の根拠

村山氏によると、花粉飛散量は、前年の飛散量が少なく、夏の日照時間が長いほど多くなる傾向にあるそうです。

この2つの観点から各地域のデータを分析すると以下のような予測になるそうです。

2.地域ごとの予測

・東北地方

東北地方の全ての観測地点では今年の飛散量が過去10年間の平均飛散量(平均)を下回っており、日照時間は平年と同程度でした。そのため、東北地方の来春の花粉飛散量は、今年や平均を上回る飛散量が見込まれるとしました。

・関東地方

水戸市や宇都宮市では今年の飛散量が平均より大きく下回りまわり、日照時間は平年よりやや長かったため、この2つの観測地点では来春は3倍から4倍もの飛散量が予測されています。関東地域の他の地点でも今年を上回る数の飛散を予測しています。

・東海・北陸地方

東海・北陸地方では、多くの観測地点において、今年の飛散量が平均をやや下回る程度でした。このため、今年をやや上回る量の花粉が飛散すると予測しています。ところが、名古屋市、津市などでは今年の飛散量が平均のおよそ半分だったため、今年の2倍から5倍の飛散量にもなるとみています。

・近畿地方

近畿地方では、今年の飛散量がほぼ平均レベルであったので、全ての観測地点で今年よりやや上回る程度と予測しています。但し、奈良市には今年の飛散量が平均の約半分と少なかったため、今年の2倍以上となるとみています。

・中国・四国地方

中国・四国地方では、松江市、山口市で今年の飛散量が25%から50%程度であったことから、両市の地点では今年に比べ大幅に飛散量が増加するとみられています。その他の地点は、今年を上回る程度の見込みです。ただし、高松市は今年は平均の2倍となる飛散量があったので、来年は平均並みの飛散量と予測されました。

・九州地方

九州地方については、福岡市と長崎市、由布市で今年の飛散量が平均より上回ったため、来春の飛散量は今年よりやや下回る見込みとみています。それ以外の地域の飛散量は今年より多くなる予測です。なかでも宮崎市では今年の飛散量が平均の約半分であったため、来年は今年のおよそ2倍と見込まれています。

まとめ

日本気象協会とウェザーニュースでは主に夏の天候の評価を花粉飛散予測の根拠としていましたが、日本気象協会は「全国的に晴れて暑かった夏」、ウェザーニュースが「東日本ほど天候不良&暑くない夏」と真逆になったため、来春の予測が異なってしまいました。

村山氏の予測の根拠は、全年の花粉量と夏の日照時間の長さです。NPO花粉情報協会(http://pollen-net.com/)として長年花粉観測を実施していることが予測にも影響しているようです。

来春のスギ・ヒノキ花粉飛散が実際にどうなるのかは、今後の天候などにも影響を受けると思いますが、これらの予測が当たるのかどうか?注目ですね。もちろん花粉が少ないことを願いますが!

➡風邪?花粉症?薬は?

花粉症と風邪の症状の違いは?花粉症に風邪薬は効く?花粉症薬と風邪薬の併用はOK?