fbpx

【花粉症対策】ダチョウの卵黄パワーで花粉アレルゲンをブロック?!大人気「ダチョウ黒糖のど飴」とは?

ダチョウ卵黄パワーが花粉対策に役立つよ

  • ダチョウ博士”の異名をとる京都府立大学の塚本康浩教授と考案したのど飴です。
  • 飴にはダチョウ卵黄抽出物が含まれます。
  • ダチョウ卵黄抽出物が花粉アレルゲンを覆い隠します。
  • 花粉症、ハウスダストアレルギーなどにオススメです。
  • 口の中でゆっくり溶かして食べてください。

参照:「中特グループ」ホームページ

なぜダチョウの卵?ダチョウ博士とは?

京都府立大学の塚本康浩教授は子どもの頃から大のトリ好き。1998年から世界一大きな鳥であるダチョウに憧れて観察をし始め、ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」のダチョウ主治医に就任。そこでダチョウの免疫力の高さに気づいたことから、本格的なダチョウ及びダチョウ抗体の研究を始めました。

その結果、ダチョウの卵黄を利用し、従来の1/4000程度の低コストで大量に、反応性に優れた抗体を作製する方法を発見。その技術を生かして、花粉症やアトピーなどのアレルギー、インフルエンザなどの感染症に役立つ製品の開発に取り組んでいます。

ダチョウ

ダチョウ

「黒糖のど飴」とは?

ダチョウは寿命が50~60年と長く、雑食性で1日に約10kgの野菜くずを食べます。そこに注目したリサイクル事業を手掛ける中特グループは、スーパーで発生する野菜くずなどのリサイクル方法としてダチョウによる食品リサイクルに取り組んでしました。

そんな中特グループとダチョウ博士こと塚本教授がダグを組んで共同研開発したのが、ダチョウ卵黄抽出物を使った花粉の時期の『鼻のムズムズ』や『のどのイガイガ』対策向けの黒糖のど飴です。

ダチョウ抗体が花粉やハウスダストなどのアレルゲンやを覆い隠すために、ヒトの体がアレルゲンと感知出来なくなるので、ダチョウ卵黄抽出物が花粉症やハウスダストなどのアレルギーにおすすめだとされています。

昨年の花粉シーズン、黒糖のど飴は発売と同時にあっという間に完売。好評を受けて今年も花粉シーズンに販売を開始しました。

昨シーズンは即完売した黒糖のど飴

黒糖のど飴 昨シーズンは即完売した 中特グループ ダチョウ

写真は中特グループHPより

どこで買える?

黒糖のど飴プラスは山口県内のお店や、Amazonでお求めいただけます。


アマゾンで買う

商品名:黒糖のど飴プラス

内容量:50g(個包装込み)

売価:1,000円(税別)

ダチョウパワーはマスクにも!

ダチョウパワーを生かした商品にはマスクもあります。ダチョウ抗体マスクは2008年の発売開始から3年間で100億円も売り上げたそうですよ。

マスク素材に浸み込ませている数百兆個のダチョウ抗体は、 花粉アレルゲンを抑制することが検証されています。

ダチョウ黒糖のど飴やダチョウ抗体マスクを利用して今年の花粉シーズンを過ごしてみてはいかがですか。

アマゾンで買う

【3枚入りx10個】さらに進化したダチョウ抗体マスク(ふつう3枚入)×10個