fbpx
花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《7月2日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《7月2日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科などの花粉症です。7月2日も東京は猛暑。花粉飛散状況は、花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は7.1個/m³とここ数日の間でややや高めの数値。ダーラム法の観測ではイネ科などの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)は少なめでした。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《7月1日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《7月1日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科などの花粉症です。7月1日の東京は猛暑。花粉飛散状況は花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は2.7個/m³と低めの数値。ダーラム法の観測でもイネ科などの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)は少なめでした。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月30日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月30日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月30日の東京は猛暑で強風の一日。花粉飛散状況は花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は5.3個/m³と低めの数値。ダーラム法の観測でもイネ科やマツ属などの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)は少なめでした。

ダニアレルギー性鼻炎向け舌下免疫療法とは?小児アレルギーは免疫療法で予防になる?~日医大・松根彰志教授がやさしく解説

ダニアレルギー性鼻炎向け舌下免疫療法とは?小児アレルギーは免疫療法で予防になる?~日医大・松根彰志教授がやさしく解説

『名医が教える!花粉症の治し方』第2回は、6月29日の「シダキュア スギ花粉舌下錠」新発売に合わせて『舌下免疫療法』がテーマ。ここでは、スギ花粉の次に原因となるダニのアレルギー性鼻炎向け舌下免疫療法とはどんな治療法か、なぜ小児アレルギーには舌下免疫療法がすすめられるのかなど、日本医科大学・松根彰志教授がわかりやすく解説します!

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月29日情報》~関東梅雨明け、花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月29日情報》~関東梅雨明け、花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月29日の東京は前日に続き強風の一日。花粉飛散状況は花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は5.9個/m³と低めの数値。ダーラム法の観測でもイネ科やマツ属などの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)は少なめでした。関東地方では梅雨明け宣言がありました。6月に梅雨明けしたのは初めて。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月28日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月28日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月28日の東京は前日に続き強風の一日。花粉飛散状況は花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は4.2個/m³と低めの数値。ダーラム法の観測でもイネ科やマツ属などの花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)は少なめでした。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月27日情報》~強風、花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月27日情報》~強風、花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月27日の東京は強風の一日。花粉飛散状況は花粉自動観測器で計測した平均花粉濃度は14.5個/m³とやや高めの数値でしたが、ダーラム法の観測では全般的に花粉やや多めもイネ科やマツ属などの花粉症の原因となる花粉個数は少なめでした。

アレルゲン免疫療法とは?舌下免疫療法と皮下免疫療法の違いは?~日医大・松根彰志教授がやさしく解説

アレルゲン免疫療法とは?舌下免疫療法と皮下免疫療法の違いは?~日医大・松根彰志教授がやさしく解説

『名医が教える!花粉症の治し方』第2回は、6月29日の「シダキュア スギ花粉舌下錠」発売に合わせて『スギ花粉症の舌下免疫療法』がテーマ。舌下免疫療法は根治が期待できる数少ない花粉症の治療法です。ここでは舌下法もそのひとつであるアレルゲン免疫療法とは何か、また、舌下免疫療法と皮下免疫療法の違いについて、日本医科大学・松根彰志教授がわかりやすく解説します!

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬『シダキュア スギ花粉舌下錠』とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬『シダキュア スギ花粉舌下錠』とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会との共同連載『名医が教える!花粉症の治し方』第2回は、6月29日に新薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」が発売になる『スギ花粉症の舌下免疫療法』がテーマ。舌下免疫療法は根治が期待できる数少ない花粉症の治療法です。その新薬シダキュア スギ花粉舌下錠の特徴や、スギ花粉症向け舌下免疫療法のよくある質問について、日本医科大学・松根彰志教授がわかりやすく解説します!

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月26日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月26日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月26日の花粉飛散状況は花粉自動観測器で計測した平均花粉濃度は12.0個/m³とやや高めの数値でしたが、ダーラム法の観測ではイネ科やマツ属などの花粉症の原因となる花粉個数は少なめでした。