fbpx
【花粉情報】英国で花粉症のお悩みに助っ人現る?!「英国花粉マップ」初登場

【花粉情報】英国で花粉症のお悩みに助っ人現る?!「英国花粉マップ」初登場

英国の一般紙「デイリーテレグラフ」によると、花粉症を引き起こす芝、樺、ナラ、松など12の草木が集中的に生息している地域を示したロケーションマップを、環境科学に関する研究やリサーチ結果を紹介する『Science of the Total Environment』が初めて公表した。

【花粉情報】水田で無花粉スギの苗木量産。2020年には現在の約2.5倍生産へ

【花粉情報】水田で無花粉スギの苗木量産。2020年には現在の約2.5倍生産へ

北日本新聞によると、富山県森林研究所は無花粉スギ「立山 森の輝き」の苗木を水田で大量生産する方法を考案し、国の支援を受けて全国への普及を目指すことになった。

【花粉情報】スギ・ヒノキ花粉、飛散量は昨年比3倍だった!ウェザーニュース

【花粉情報】スギ・ヒノキ花粉、飛散量は昨年比3倍だった!ウェザーニュース

ウェザーニュースが6月20日発表した「2017年春の花粉まとめ」によると、今年のスギ・ヒノキ花粉、飛散量は全国平均で昨年比3倍だった。特に西日本でヒノキが4倍~10倍と大量飛散した。

【花粉情報】ツイッターで花粉の飛び具合がかわかる?!AIによる「つぶやきでみる花粉症話題度マップ」

【花粉情報】ツイッターで花粉の飛び具合がかわかる?!AIによる「つぶやきでみる花粉症話題度マップ」

スギやヒノキなど花粉飛散情報は気象庁などの専門機関が科学的手法を用いて計測し発表していますが、私たちが実際に体感している花粉飛散状況を確認することはきないものかと探していたところ、とてもユニークな調査マップが見つかりました!AIによる「つぶやきでみる花粉症話題度マップ」です。

【花粉情報】来年以降スギ花粉は停滞→、ヒノキ花粉増加↑か。Medical Tribune (登録)より

【花粉情報】来年以降スギ花粉は停滞→、ヒノキ花粉増加↑か。Medical Tribune (登録)より

Medical Tribune が、NPO花粉情報協会事務局長で元東邦大学薬学部教授の佐橋紀男氏にお話を聞いたところ、来シーズン以降スギ花粉の飛散量は徐々に年による増減の幅が小さいプラトーの状態(停滞状態)に移行する一方、ヒノキは気象条件などにより今以上に増加していく可能性があるという。

【花粉情報】東北地方の花粉症はどんな感じ?6月23日「今日のつぶやき」

【花粉情報】東北地方の花粉症はどんな感じ?6月23日「今日のつぶやき」

美味しいお米が沢山とれる東北地方は、イネ科の植物が多い地域なのでしょうか。 全国平均に比べてイネ科の花粉症が多いそうです。6月23日(金)の珠紗さんのつぶやきから。

【花粉症薬】花粉症のつらい鼻水、鼻づまり、副鼻腔炎に市販のステロイド入り鼻スプレー

【花粉症薬】花粉症のつらい鼻水、鼻づまり、副鼻腔炎に市販のステロイド入り鼻スプレー

花粉症の鼻づまりや副鼻腔炎に鼻スプレー(点鼻薬)をすると症状が和らぐことが多いようです。市販の花粉症向け鼻スプレーの中には局所によく効いて体に優しいタイプのステロイドが入っているものも。ステロイドとは何かをご説明し、市販のステロイド入り鼻スプレーをご紹介します。

【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラとの違い

【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラとの違い

「ザイザル」は花粉症などのアレルギー性鼻炎による鼻水や鼻づまりの治療のために病院でよく処方される薬です。ザイザルの効果、ジルテックやアレグラとの違いなど、ザイザルについてご説明します。

【花粉症症状】花粉症が原因の耳のかゆみとは?~耳がかゆくなる原因や症状、対処法

【花粉症症状】花粉症が原因の耳のかゆみとは?~耳がかゆくなる原因や症状、対処法

「花粉症クエスト」が実施したアンケート調査では、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに次いで「かゆみ」の症状にお悩みの方が多いことがわかりましたが、部位として多くの方が「耳」のかゆみをあげています。そこで今回は、花粉症の「耳のかゆみ」の原因や症状、対処法についてご説明します。

【花粉症症状】花粉症の咳や喉の症状とは?咳に効く薬や対策を紹介。咳喘息にも注意

【花粉症症状】花粉症の咳や喉の症状とは?咳に効く薬や対策を紹介。咳喘息にも注意

花粉症では鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみが一般的。ところがこれらの症状以外に咳や喉のかゆみも多いようです。そこで今回は、花粉が原因で喉のかゆみや咳が出る理由、花粉症が原因の咳や喉の症状の特徴、発症するメカニズム、おすすめの市販薬や対策法、そして併発する腰痛や咳喘息ついて紹介します。