fbpx
【花粉情報】花粉症の鳥を演ずるのは誰?「今日のつぶやき」は劇団清水企画の清水さん

【花粉情報】花粉症の鳥を演ずるのは誰?「今日のつぶやき」は劇団清水企画の清水さん

7月11日(火)「今日のつぶやき」は札幌を拠点として活動する集団「劇団清水企画」代表の清水友陽SHIMIZU TOMOAKIさんのつぶやきから。 清水友陽さんが作・演出する舞台のタイトルは『昼間談義 公園の柵、ぷらぷらと、花粉症の鳥、』。どんな内容の舞台なんだろう?花粉症お悩み人にはちょっと気になります。

【花粉対策】スギ花粉のようなツイートとは??7月22日「今日のつぶやき」

【花粉対策】スギ花粉のようなツイートとは??7月22日「今日のつぶやき」

7月22日(土)「今日のつぶやき」はちんにいさんの思わず「なるほど!」と言いたくなるつぶやきから。 PM2.5とスギやブタクサはどちらが大きい? PM2.5の直径は、もちろん2.5µm。黄砂だと0.5~5μmぐらい。 スギ花粉はPM2.5などと比べると直径が10倍以上大きいから、体の中に侵入しにくいかと思いきや、大気汚染などで花粉は砕けやすく、壊れたスギ花粉は0.1㎛以下にもなるそうです。

【花粉対策】「東京五輪よ、木材無償提供させるより少花粉スギ推進を!」7月25日「今日のつぶやき」

【花粉対策】「東京五輪よ、木材無償提供させるより少花粉スギ推進を!」7月25日「今日のつぶやき」

7月25日「今日のつぶやき」はとてちてたさんの「東京2020でやるべきは花粉症対策したスギを植樹することでしょ」のつぶやき。 東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、選手村の交流施設を作るための木材を、無償で提供する自治体を全国から公募すると発表。今ネットを中心に波紋が広がっています。

【花粉情報】期待の新人ゴルファー畑岡菜紗、花粉症で?米女子ゴルフ試合途中棄権。米国の花粉症とは?

【花粉情報】期待の新人ゴルファー畑岡菜紗、花粉症で?米女子ゴルフ試合途中棄権。米国の花粉症とは?

昨年17歳で史上最年少でプロゴルファーに転向し、米女子ツアーに参戦している畑岡菜紗選手。今期で引退を表明している宮里藍選手の後継者として大きく期待されている。その畑岡が胸をかくしぐさを見せながら試合を途中棄権した。花粉症が原因とみられる。

【花粉情報】東京都の今春のスギ・ヒノキ飛散花粉数は昨春の約6割という結果に。

【花粉情報】東京都の今春のスギ・ヒノキ飛散花粉数は昨春の約6割という結果に。

東京都は5月23日に今春(平成29年)の東京都内のスギ・ヒノキ花粉観測地点における、5月14日までの観測結果を発表しました。今春の飛散花粉数は、昨春及び過去10年平均の約6割という結果で、すでにスギ・ヒノキの花粉飛散は終了し、これからはイネ科花粉・ブタクサ・ヨモギに注意を促しています。

【花粉情報】英国で花粉症のお悩みに助っ人現る?!「英国花粉マップ」初登場

【花粉情報】英国で花粉症のお悩みに助っ人現る?!「英国花粉マップ」初登場

英国の一般紙「デイリーテレグラフ」によると、花粉症を引き起こす芝、樺、ナラ、松など12の草木が集中的に生息している地域を示したロケーションマップを、環境科学に関する研究やリサーチ結果を紹介する『Science of the Total Environment』が初めて公表した。

【花粉情報】水田で無花粉スギの苗木量産。2020年には現在の約2.5倍生産へ

【花粉情報】水田で無花粉スギの苗木量産。2020年には現在の約2.5倍生産へ

北日本新聞によると、富山県森林研究所は無花粉スギ「立山 森の輝き」の苗木を水田で大量生産する方法を考案し、国の支援を受けて全国への普及を目指すことになった。

【花粉情報】スギ・ヒノキ花粉、飛散量は昨年比3倍だった!ウェザーニュース

【花粉情報】スギ・ヒノキ花粉、飛散量は昨年比3倍だった!ウェザーニュース

ウェザーニュースが6月20日発表した「2017年春の花粉まとめ」によると、今年のスギ・ヒノキ花粉、飛散量は全国平均で昨年比3倍だった。特に西日本でヒノキが4倍~10倍と大量飛散した。

【花粉情報】ツイッターで花粉の飛び具合がかわかる?!AIによる「つぶやきでみる花粉症話題度マップ」

【花粉情報】ツイッターで花粉の飛び具合がかわかる?!AIによる「つぶやきでみる花粉症話題度マップ」

スギやヒノキなど花粉飛散情報は気象庁などの専門機関が科学的手法を用いて計測し発表していますが、私たちが実際に体感している花粉飛散状況を確認することはきないものかと探していたところ、とてもユニークな調査マップが見つかりました!AIによる「つぶやきでみる花粉症話題度マップ」です。

【花粉情報】来年以降スギ花粉は停滞→、ヒノキ花粉増加↑か。Medical Tribune (登録)より

【花粉情報】来年以降スギ花粉は停滞→、ヒノキ花粉増加↑か。Medical Tribune (登録)より

Medical Tribune が、NPO花粉情報協会事務局長で元東邦大学薬学部教授の佐橋紀男氏にお話を聞いたところ、来シーズン以降スギ花粉の飛散量は徐々に年による増減の幅が小さいプラトーの状態(停滞状態)に移行する一方、ヒノキは気象条件などにより今以上に増加していく可能性があるという。