fbpx
【抗ヒスタミン薬】『パブロン鼻炎カプセル一長一短』7月19日「今日のつぶやき」

【抗ヒスタミン薬】『パブロン鼻炎カプセル一長一短』7月19日「今日のつぶやき」

7月19日(水)「今日のつぶやき」は、シン・テッツさんの「パブロン鼻炎カプセル」に関するつぶやき。 シン・テッツさんが大正製薬の「パブロン鼻炎カプセルSα」を服用すると、効き目の即効性が高い一方、口の渇きがあるようですね。

【薬の開始時期】8月5日「今日のつぶやき」は”スギ花粉飛ぶ1か月前から治療がオススメ!”

【薬の開始時期】8月5日「今日のつぶやき」は”スギ花粉飛ぶ1か月前から治療がオススメ!”

よつみさんがいうように、スギ花粉シーズンが始まる前から治療を始めることは花粉症予防に効果を期待できそうです。ではどんな初期治療がよいのでしょうか。まずは耳鼻科、眼科などの病院で相談するのが一番ですが、市販薬で予防に用いられるのは主に第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれるものです。

【内服薬2選】アレグラと小青竜湯で真夏の花粉症をのりきる!8月10日「今日のつぶやき」

【内服薬2選】アレグラと小青竜湯で真夏の花粉症をのりきる!8月10日「今日のつぶやき」

8月10日(木)「今日のつぶやき」はみふゆ(三冬)さんの「真夏の花粉症」のつぶやき。みふゆさんはイネ科の花粉症のようで、鼻水がとまりません。そこでアレグラと漢方の小青竜湯を飲んでいます。アレグラと小青竜湯はどんな薬なのでしょうか、調べてみました。

【点眼薬3選】「何の花粉症だよ~目が潰れそう」8月13日「今日のつぶやき」

【点眼薬3選】「何の花粉症だよ~目が潰れそう」8月13日「今日のつぶやき」

あおのこさん、「イネ科」の夏の花粉症なのでしょうか。日本列島は真夏と秋が同居しているような天候なのでブタクサなど秋の花粉症の可能性も。ちょうどお盆休みなどで眼科に行けないときは市販薬に頼るしかありません。そこで人気の点眼薬を3つピックアップしてみました。

【抗ヒスタミン薬】インパルス堤下さんがアレルギー治療薬で車中で意識がもうろう。「とくダネ!」小倉氏は「車を運転する時は花粉症治療薬を飲まない」

【抗ヒスタミン薬】インパルス堤下さんがアレルギー治療薬で車中で意識がもうろう。「とくダネ!」小倉氏は「車を運転する時は花粉症治療薬を飲まない」

お笑いコンビ「インパルス」堤下さんがアレルギー治療薬などが原因で車中で意識がもうろうとした事件に、フジテレビ系「とくダネ!」小倉キャスターは車を運転する時は花粉症治療薬を飲まないようにしているとコメントしました。花粉症などのアレルギー疾患に多く利用される抗ヒスタミン薬は速攻的効果がある一方、眠くなるという欠点も。

【セルフメディケーション税制・OTC医薬品解説】節税もできる花粉症鼻炎向け市販薬のまとめ

【セルフメディケーション税制・OTC医薬品解説】節税もできる花粉症鼻炎向け市販薬のまとめ

スギ花粉を発症してから10年以上たつという人が全国で66%にものぼるという調査結果が鳥居薬品より発表されました。長期に渡り花粉症に悩む人にとって医薬品をうまく活用することは健康的にも、そして経済的にも重要です。 そこで経済的なメリットも期待できる花粉症市販薬についてまとめてみました。

【鼻炎薬2選】「アレグラFX」と「アレジオン20」人気の鼻炎用市販薬を比較してみた

【鼻炎薬2選】「アレグラFX」と「アレジオン20」人気の鼻炎用市販薬を比較してみた

Amazonや楽天の売れ筋ランキング「鼻炎薬」カテゴリの中で、内服薬に限った場合にトップ常連なのが、この2つ、「アレグラFX」「アレジオン20」です。 自分のアレルギー症状や利用シーンにどちらが向いているのか、二つを比較しながらみていきましょう。

【人気の薬】「ナザール」(点鼻薬)、「アレグラFX」(内服薬)、「アルガード」(点眼薬)が利用上位。TPCマーケティングリサーチ調査結果より

【人気の薬】「ナザール」(点鼻薬)、「アレグラFX」(内服薬)、「アルガード」(点眼薬)が利用上位。TPCマーケティングリサーチ調査結果より

TPCマーケティングリサーチは、2017年1月~5月にかけて花粉症に悩み、市販薬を自分で購入・利用している20代~60代の男女620名を対象に、花粉症の実態と対策に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表した。

【点眼薬3選】花粉症点眼薬を選ぶポイントは?おすすめ市販点眼薬3選

【点眼薬3選】花粉症点眼薬を選ぶポイントは?おすすめ市販点眼薬3選

花粉症の辛い症状のひとつが目のかゆみや充血です。病院に行く時間の無い人は、自分に合った市販点眼薬を上手に選ぶことが大切です。そこで点眼薬のタイプの違いを説明し、評判の3つの点眼薬をピックアップして紹介します。

【果物花粉アレルギー解説】スギ・ヒノキ花粉症にも関係する?『西洋ヒノキ花粉症とモモ・柑橘類アレルギーの共通アレルゲン、世界で初めて解明』

【果物花粉アレルギー解説】スギ・ヒノキ花粉症にも関係する?『西洋ヒノキ花粉症とモモ・柑橘類アレルギーの共通アレルゲン、世界で初めて解明』

北海道大学の相沢准教授らは、欧州で問題となっている西洋ヒノキの花粉症とモモや柑橘類を食べると発症する口腔アレルギーの共通アレルゲンのペプチドを世界で初めて発見しました。このペプチド、植物界全体に広く存在するものらしく、西洋ヒノキに近い種の日本のスギ・ヒノキ花粉症にも関係するかもしれません。