fbpx
花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』8月28日情報:イネ科やや多め、ブタクサ観測

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』8月28日情報:イネ科やや多め、ブタクサ観測

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月28日の東京は曇り。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は5.3個/m³と低めな数値。ダーラム法の観測では、花粉症の原因となる花粉のうちブタクサが少量観測、イネ科花粉がやや多めに観測されました。(花粉個数は1cm²あたり)

なぜ増える?大人の喘息!ダニ、ペット、カビ、虫など室内アレルゲンの特徴や対策法は?~相模原病院・谷口先生に聞く(前編)

なぜ増える?大人の喘息!ダニ、ペット、カビ、虫など室内アレルゲンの特徴や対策法は?~相模原病院・谷口先生に聞く(前編)

増加している大人の喘息。梅雨や夏の時期は、成人喘息などのアレルギーの原因になるダニやカビが繁殖しやすい。ここでは、喘息が発症するメカニズムや、原因であるダニ、ペット、カビ、虫など「室内アレルゲン」の特徴や対策法について、国のアレルギー中心拠点病院である相模原病院・臨床研究センター長の谷口正実先生の解説をご紹介します。(前編)

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』8月26日情報:イネ科やや多め

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』8月26日情報:イネ科やや多め

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月26日の東京は晴れて猛暑。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は12.6個/m³と平均的な数値。ダーラム法の観測では、花粉症の原因となる花粉のうちブタクサは観測されなかったものの、イネ科花粉がやや多めに観測されました。(花粉個数は1cm²あたり)

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月25日情報》ブタクサ・イネ科少なめ、残暑厳しい

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月25日情報》ブタクサ・イネ科少なめ、残暑厳しい

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月25日は残暑厳しく最高気温が35度を超えました。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は4.6個/m³と低めな数値。ダーラム法の観測では、全体的にもイネ科やブタクサなど花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)も少なめでした。本日も更に気温が上昇する予想です。熱中症にご注意ください。

花粉症対策「スギ花粉米」の外部提供先を公表~農研機構(2018年度第1回公募結果)

花粉症対策「スギ花粉米」の外部提供先を公表~農研機構(2018年度第1回公募結果)

農研機構は2018年8月21日、「スギ花粉米」を研究用に外部提供するための今年度第1回公募の審査結果を発表。株式会社ゲノム創薬研究所、および、大阪はびきの医療センターに、スギ花粉米(「スギ花粉ペプチド含有米」)を提供することとなりました。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月23日情報》~台風20号接近、ブタクサ・イネ科少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月23日情報》~台風20号接近、ブタクサ・イネ科少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月23日は台風20号が西日本に上陸しましたが、東京は薄曇り時々晴れ。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は3.9個/m³と低めな数値。ダーラム法の観測では、イネ科やブタクサ花粉を観測しましたが、少量でした。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月22日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月22日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月22日東京のは猛暑復活。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は3.0個/m³と低めな数値。ダーラム法の観測では、全体的にもイネ科やブタクサなど花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)も少なめでした。台風20号が西日本や東海に接近しています。台風情報にご注意ください。

【夏の花粉情報】7月、8月は何の花粉症?地域ごとの花粉症の原因となる花粉飛散情報や症状の特徴、対策法について

【夏の花粉情報】7月、8月は何の花粉症?地域ごとの花粉症の原因となる花粉飛散情報や症状の特徴、対策法について

花粉症といえばスギやヒノキの春の花粉症が代表的ですが、夏の時期でも花粉に悩んでいる人は少なくありません。全国で約100人に15人の人がスギ花粉以外の花粉で悩んでいる人とも言われています。 ここでは、イネ科、ブタクサなど7月、8月の花粉症の原因となる花粉の地域別飛散状況や症状の特徴、対策法についてご説明します。

【花粉症対策診断①花粉編】花粉症対策にあなたの花粉知識レベルをチェック!

【花粉症対策診断①花粉編】花粉症対策にあなたの花粉知識レベルをチェック!

~花粉症対策レベル診断コーナー~ 『あたなの花粉症対策レベルは?チェックしてみよう!第一弾:花粉編』 正しい花粉症対策には、花粉のことをよく知っている必要があります。間違った花粉知識で、効果の期待できない花粉症対策をしていませんか?あなたの花粉知識レベルをテストしてみましょう!

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月21日情報》~ブタクサ、イネ科とも少量飛散

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《8月21日情報》~ブタクサ、イネ科とも少量飛散

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉症です。8月21日東京のは晴れて暑くなりました。花粉自動観測器KH3000で計測した平均花粉濃度は5.1個/m³と低めな数値。ダーラム法の観測ではイネ科やブタクサなど花粉症の原因となる花粉個数(1cm²あたり)を少量観測しましたが、全体的に少なめでした。