fbpx
【花粉米】知っておきたい!花粉症対策に期待の花粉米のすべて④「スギ花粉米ができるまで」(Part 2)

【花粉米】知っておきたい!花粉症対策に期待の花粉米のすべて④「スギ花粉米ができるまで」(Part 2)

花粉米とは何かを数回にわけてひも解いていく連載企画をお届けしています。第1部では免疫について、第2部では遺伝子組換え、そして第3部では遺伝子組換えによるスギ花粉米の免疫療法,、第4部 Part 1ではアグロバクテリウム法による遺伝子組換えで花粉米をつくる方法を実際の手順に沿って説明しました。 今回(Part2)は花粉米の種子から苗を育て稲穂が実るまでの生育経過を確認していきましょう。

【口腔アレルギー解説】ブタクサ花粉症はバナナアレルギーも。8月7日『バナナ🍌の日』の「今日のつぶやき」

【口腔アレルギー解説】ブタクサ花粉症はバナナアレルギーも。8月7日『バナナ🍌の日』の「今日のつぶやき」

8月7日(月)「今日のつぶやき」は結月そらさんとみき♪こるねっとさんのおふたりのつぶやき。 8月7日は「8(バ)7(ナナ)」の語呂合わせでバナナの日だったんですね。そんな記念日ですがそらさんはバナナアレルギーで食べられません。そしてバナナアレルギーはブタクサの花粉症とも関係があるようです。

【猫アレルギー解説】今日は世界猫の日だけど僕猫アレルギー。8月8日「今日のつぶやき」

【猫アレルギー解説】今日は世界猫の日だけど僕猫アレルギー。8月8日「今日のつぶやき」

8月8日(火)「今日のつぶやき」は、はやとさんの「世界猫の日だけど猫アレルギー」のつぶやき。 最近は犬よりも猫の人気が上昇しているといわれています。日本の住宅事情に飼いやすいペットなのもその理由のひとつでしょう。しかし以外と多いのが猫アレルギーの人。

【食物アレルギー解説】ピーナッツアレルギーに乳酸菌が効く!?オーストラリアの研究結果に注目

【食物アレルギー解説】ピーナッツアレルギーに乳酸菌が効く!?オーストラリアの研究結果に注目

幼少期に発症すると一生付き合う人も多いピーナッツアレルギー。時事通信によると豪州の研究である乳酸菌を一緒に摂取するとピーナッツへの耐性維持が確認できました。日本でも増え始めているピーナッツアレルギー。そばアレルギー同様に命の危険を及ぼす重篤な症状を起こすことも。その症状や原因、対処法についてまとめてみました。

【口腔アレルギー解説】8月21日「今日のつぶやき」はキウイアレルギーってメジャーなの?

【口腔アレルギー解説】8月21日「今日のつぶやき」はキウイアレルギーってメジャーなの?

8月21日(月)「今日のつぶやき」は、フォルテおにいさん(とうきょう)の「キウイアレルギーってメジャーですか?」のつぶやき。2013年には小学校で集団アレルギーを起こしたキウイ。果物アレルギーは花粉症とも「交差反応」で関係しています。キウイの場合はイネ科やシラカバの花粉症と関連が。キウイアレルギーなど口腔アレルギー症候について調べてみました。

【花粉症対策】8月27日「今日のつぶやき」は「ブルーベリーで花粉症緩和!」

【花粉症対策】8月27日「今日のつぶやき」は「ブルーベリーで花粉症緩和!」

8月27日「今日のつぶやき」は、立ち上がれマスクマンさんの「ブルーベリーのアントシアニンがアレルギー反応を緩和」のつぶやき。ブルーべリーに含まれるアントシアニン成分が花粉症抑制に効果がありそう。アントシアニンの機能やアントシアニンを含む食べ物などを調べてみました。

【花粉米】「みんなのアレルギーEXPO2017」に花粉米が登場します!

【花粉米】「みんなのアレルギーEXPO2017」に花粉米が登場します!

「スギ花粉米」の研究開発を手掛ける農研機構・生物利用研究部門が、2017年10月10日、11日に東京新宿の京王プラザホテルで開催される「みんなのアレルギーEXPO2017」に出展するようです。花粉症クエストでも花粉米を特集してご紹介しています。どうぞご覧ください。

【点鼻薬3選】花粉症の鼻の悩みに即効性。節税も可能なステロイド入り鼻スプレーおすすめ3選

【点鼻薬3選】花粉症の鼻の悩みに即効性。節税も可能なステロイド入り鼻スプレーおすすめ3選

ステロイドは、アレルギーの原因となるヒスタミンによって引き起こされた鼻や目のアレルギー反応を抑える強い作用があります。治療の効果を上げるために病院の処方薬ではよく登場します。 現在、そのステロイドが入った花粉症対策の市販薬は、鼻スプレー(点鼻薬)のみです。 そこで今回は節税も可能なスイッチOTC医薬品のステロイド入り鼻スプレーを3つご紹介します。

【抗ヒスタミン薬】『パブロン鼻炎カプセル一長一短』7月19日「今日のつぶやき」

【抗ヒスタミン薬】『パブロン鼻炎カプセル一長一短』7月19日「今日のつぶやき」

7月19日(水)「今日のつぶやき」は、シン・テッツさんの「パブロン鼻炎カプセル」に関するつぶやき。 シン・テッツさんが大正製薬の「パブロン鼻炎カプセルSα」を服用すると、効き目の即効性が高い一方、口の渇きがあるようですね。

【薬の開始時期】8月5日「今日のつぶやき」は”スギ花粉飛ぶ1か月前から治療がオススメ!”

【薬の開始時期】8月5日「今日のつぶやき」は”スギ花粉飛ぶ1か月前から治療がオススメ!”

よつみさんがいうように、スギ花粉シーズンが始まる前から治療を始めることは花粉症予防に効果を期待できそうです。ではどんな初期治療がよいのでしょうか。まずは耳鼻科、眼科などの病院で相談するのが一番ですが、市販薬で予防に用いられるのは主に第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれるものです。