fbpx
高齢者も花粉症になる傾向、子供の感染症に有効な治療法は花粉症薬!?~日医大・松根教授に聞く

高齢者も花粉症になる傾向、子供の感染症に有効な治療法は花粉症薬!?~日医大・松根教授に聞く

耳鼻咽喉科学の研究と臨床の第一線でご活躍する日本医科大学・松根彰志教授はNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の事務局長として2月25日に開催される第5回花粉症市民講座に登壇されます。セミナーに先立ち、高齢者や子供の花粉症や蓄膿症の最近の傾向や花粉症薬を用いた効果的な治療法などのお話を伺いました。(インタビュー)

地域名産品で花粉症対策!~乳酸菌、はす粉、巨大ブルーベリー、あかもく、べにふうき、じゃばら【レポ】

地域名産品で花粉症対策!~乳酸菌、はす粉、巨大ブルーベリー、あかもく、べにふうき、じゃばら【レポ】

花粉などのアレルゲンに過剰に免疫反応しない体質作りには日々の食生活が大切です。そこで「花粉症クエスト」取材班は、2018年2月14日~16日に千葉・幕張メッセで開催された「スーパーマーケット・トレードショー」の「地方・地域産品ゾーン」を取材し、花粉症やアレルギーなどによいとされる日本各地の食べ物をレポートします!

子どもの鼻水を理解する!鼻かぜや蓄膿の裏には花粉症が!?~日医大・松根先生講演レポ

子どもの鼻水を理解する!鼻かぜや蓄膿の裏には花粉症が!?~日医大・松根先生講演レポ

日本医科大学武蔵小杉病院・耳鼻咽喉科部長として治療の最前線でご活躍されている松根彰志教授のもとに診療に来るお母さんの相談で多いのが子どもの鼻水。鼻水は花粉症の代表的な症状でもあることから、松根先生は「子どもの鼻水」をテーマとして2018年2月25日に開催された第5回花粉症市民講座の中で講演をされました。そのお話の概要をご紹介します。

花粉症におすすめの薬膳レシピとは~生薬とカテキンパワーの「白井田七。茶」入り薬膳レシピ4選!

花粉症におすすめの薬膳レシピとは~生薬とカテキンパワーの「白井田七。茶」入り薬膳レシピ4選!

食事の中でカラダに良いと注目されているのが「薬膳料理」。薬膳は生薬や薬用価値の高い食べ物などを組み合わせて作る中国の伝統的な栄養食が由来で、その後、日本の漢方医学の処方として発展しました。 そこで今回は、薬膳とは何かをご説明し、花粉症緩和にも効果があるカテキンや生薬が入った「白井田七。茶」と薬膳食材をつかった花粉症対策におすすめの『薬膳レシピ』をご紹介します。

【花粉症症状】子どもの「花粉症で頭が重い」は見過ごされがち、メガネ・マスクは必需品~子どもの花粉症調査

【花粉症症状】子どもの「花粉症で頭が重い」は見過ごされがち、メガネ・マスクは必需品~子どもの花粉症調査

子どもの花粉症患者数の増加、低年齢化の傾向が指摘されています。そこで花粉症クエストでは「子ども(15歳未満)の花粉症の症状に関するアンケート調査」を実施。頭が重い、喉がかゆいなど子どもが上手く言葉にできない症状は見過ごされがちなこと、大半の人が子どもの花粉対策にメガネ・マスクを活用していることなどがわかりました。調査結果からわかった子どもの花粉症の傾向をレポートし、おすすめの子ども用マスク・メガネをご紹介します。

2018年診療報酬改定で舌下免疫療法などの花粉症オンライン診療はどうなる?

2018年診療報酬改定で舌下免疫療法などの花粉症オンライン診療はどうなる?

4月1日から実施となった2018年度診療報酬改定の目玉のひとつは保険医療のひとつとして「オンライン診療料」が新設されたこと。加えて厚労省からオンライン診療に関する指針も公表されました。花粉症患者の中には舌下免疫療法で保険適用のオンライン診療を受けている人もいますが今後はどうなるのか、また自由診療の花粉症オンライン診療にも影響が及ぶのか等、オンライン診療料の概要や特に花粉症治療と関係する点について整理してお伝えします。

東京都のスギ・ヒノキ花粉飛散量、昨年比4倍にも!ヒノキ花粉は昨年比10倍と記録的大量飛散だった!

東京都のスギ・ヒノキ花粉飛散量、昨年比4倍にも!ヒノキ花粉は昨年比10倍と記録的大量飛散だった!

東京都によると、今春2018年の東京都内のスギ・ヒノキ花粉の合計の飛散数は、昨春2017年の約4.1倍の量になりました。個別にみると、スギ花粉の飛散数が昨春の約2.5倍、ヒノキ花粉の飛散数は昨春の約10.4倍もの飛散量を記録しました。「今年の花粉症は酷い」と嘆きが多かったのもうなずける記録的な大量飛散ですね!

【人気アイテム】8月16日「今日のつぶやき」は警視庁が伝授する即席マスクの作り方

【人気アイテム】8月16日「今日のつぶやき」は警視庁が伝授する即席マスクの作り方

『花粉症クエスト』でも警視庁警備部災害対策課さんのつぶやきを参考に『キッチンペーパーの即席マスク』を作ってみました!作り方は簡単。そして、以外と使えるかも。

【最新アイテム】米グーグル、地域ごとの花粉予報を表示するサービス開始と発表

【最新アイテム】米グーグル、地域ごとの花粉予報を表示するサービス開始と発表

米国ではブタクサが原因の花粉症の人がメイン。4月、5月そして9月になると花粉やアレルギーに関する検索が増加する。そこでグーグルUSAはモバイル端末で花粉予報などと検索するとその地域の最新の花粉飛散状況をに表示できるサービスを開始すると発表した。

【人気アイテム】《レポート》スギ花粉シーズンオフの今こそ準備の時!ひとつ14,980円の高機能マスクをオーダーメイドしてみた(「使ってみた!篇」)

【人気アイテム】《レポート》スギ花粉シーズンオフの今こそ準備の時!ひとつ14,980円の高機能マスクをオーダーメイドしてみた(「使ってみた!篇」)

花粉症クエストのレポーター、YASUです。僕オリジナルの『日の丸Pittarich(ピッタリッチ)』が届いてから約2か月、いろいろ試してみました。 今回はその使用感想をレポートします。