fbpx
【花粉対策グッズ】コロナ禍の花粉対策エチケットに「花粉症バッチ」「花粉症シール」がおすすめ!

【花粉対策グッズ】コロナ禍の花粉対策エチケットに「花粉症バッチ」「花粉症シール」がおすすめ!

2021年1月17日放送のテレビ朝日「サンデーLIVE」では、「今年の花粉対策エチケット」をピックアップ。 新型コロナ感染症拡...

【あさイチ】「鶏肉のとろろ鍋でからだポカポカ!」の作り方!市瀬悦子さんのレシピ《ゴハンだよ!1月18日》

【あさイチ】「鶏肉のとろろ鍋でからだポカポカ!」の作り方!市瀬悦子さんのレシピ《ゴハンだよ!1月18日》

2021年1月18日NHK「あさイチ」”みんな!ゴハンだよ”で放送された、「からだポカポカ!鶏肉のとろろ鍋」の作り方を紹介します! ...

吸入抗原や食べ物以外の原因によって起きるアレルギー|【花粉症クエスト】アレルギー入門

吸入抗原や食べ物以外の原因によって起きるアレルギー|【花粉症クエスト】アレルギー入門

皮膚接触や虫刺されでアレルギーになることも?「吸入抗原や食べ物以外の原因によって起きるアレルギー」ではラテックスや蜂のアレルギーについてわかりやすく説明します。花粉症クエストの「アレルギー入門」は順天堂大学 伊藤潤先生が著作・監修した本『アレルギー検査のミ・カ・タ』を原典とするアレルギーに関するデータベースです。アレルギーのことやアレルギー検査の結果を詳しく知るためなどにお役立てください。

【2021年1月17日】花粉「少ない」予想。昨日はスギ花粉の飛散あり~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2021年1月17日】花粉「少ない」予想。昨日はスギ花粉の飛散あり~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

1.【2021年1月17日更新】 花粉飛散情報 (1)きょう1/17は、花粉「少ない」予想 きょう17日は、...

市販の花粉症目薬でおすすめはどれ?(効き目の強さ・コンタクト可否・妊婦や子ども用)~アルガード、アルピタット、アレルカットの比較

市販の花粉症目薬でおすすめはどれ?(効き目の強さ・コンタクト可否・妊婦や子ども用)~アルガード、アルピタット、アレルカットの比較

花粉症などの目のかゆみや充血に、ドラッグストアで買える人気の目薬には、ロート「アルガード」、マイティア「アルピタット」、エージ―アイズ「アレルカット」ブランドがあります。あなたに適したタイプの目薬はどれでしょう?それぞれの目薬はどう違うのか?効き目の強さ、爽快感の有無、コンタクト装着可否、妊娠さんや子ども向け、販売価格などを比較してご紹介します!

【花粉症薬2選】人気の市販薬、アレグラFX(フェキソフェナジン60㎎)とアレジオン20(エピナスチン20㎎)を比較してみた!

【花粉症薬2選】人気の市販薬、アレグラFX(フェキソフェナジン60㎎)とアレジオン20(エピナスチン20㎎)を比較してみた!

花粉症向の鼻炎薬でドラッグストアやインターネット通販でも買える人気商品といえば「アレグラFX」と「アレジオン20」。どちらも医療用医薬品(処方薬)と同じタイプで、後発医薬品(ジェネリック医薬品)もでています。ここでは2つの市販薬の特徴や価格を比較してご紹介します!

人工涙液で花粉症の目のかゆみを防ぐ!?目薬タイプの洗眼剤も出た!

人工涙液で花粉症の目のかゆみを防ぐ!?目薬タイプの洗眼剤も出た!

目の渇き対策に利用される「ソフトサンティア」などの人工涙液が、花粉による目のかゆみにもおすすめです。目薬タイプの洗眼剤「ウェルウォッ...

花粉症のつらい目のかゆみにおすすめ!市販の目薬【ロート アルガード クリアブロックZ】~薬のタイプ、成分、価格など

花粉症のつらい目のかゆみにおすすめ!市販の目薬【ロート アルガード クリアブロックZ】~薬のタイプ、成分、価格など

「クリアブロックZ」は花粉症のつらい目のかゆみに使用される市販の目薬です。アレルギー予防作用やかゆみ抑制作用などの有効成分が最大濃度配合されている人気の花粉症目薬。ここではクリアブロックZのタイプ、用量用法、価格、小児用商品などをご紹介します。

花粉症鼻炎薬「ストナリニZ」は処方薬ジルテックと同じタイプの市販薬!効き目と眠気は?

花粉症鼻炎薬「ストナリニZ」は処方薬ジルテックと同じタイプの市販薬!効き目と眠気は?

「ストナリニZ」は花粉症のくしゃみ、鼻水、鼻づまりに使用される市販の飲み薬です。医療用医薬品ジルテックのスイッチOTC医薬品です。ここではストナリニZの特徴、眠気と効き目の比較、用量用法、価格などをご紹介します。

市販の風邪薬には花粉症薬の抗ヒスタミン成分が入っている⁉

市販の風邪薬には花粉症薬の抗ヒスタミン成分が入っている⁉

総合感冒薬、いわゆる風邪薬の中には花粉症薬に含まれる抗ヒスタミン成分が入っていることがあります。風邪薬と花粉症薬をダブルで飲んでしまうと、副作用の眠気などが強く出てしまうことも! 風邪薬の中に配合されている抗ヒスタミン薬がどのようなものか、確認してみましょう。