fbpx
【2022年4月8日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年4月8日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

気象庁はきのう7日(木)、1か月予報を発表しました。それによりますと、この先1か月の平均気温は、1か月を通して、全国的に平年よりも高...

【花粉症薬】鼻の症状別おすすめ漢方薬はどれ?漢方で花粉症治療のメリットとは

【花粉症薬】鼻の症状別おすすめ漢方薬はどれ?漢方で花粉症治療のメリットとは

花粉症の治療には、一般的に西洋医学に基づく薬が使用されます。効き目が早くアレルギー症状を鎮めるのに向いていますが、副作用が起こったり、根...

(2022年版)【花粉症薬】効き目が強い処方薬タリオンは市販薬がある?小児用アレグラ市販薬が登場、アレグラはどんな薬?

(2022年版)【花粉症薬】効き目が強い処方薬タリオンは市販薬がある?小児用アレグラ市販薬が登場、アレグラはどんな薬?

花粉症の処方薬「タリオン」と小児用「アレグラ」が要指導医薬品のOTC医薬品として指定されました。タリオンの市販薬はもう販売されているのでしょうか?小児用「アレグラFXジュニア」はどこで買えるのでしょう?ここでは、タリオン、アレグラの作用や効果、特徴などをご説明します。

【2022年4月7日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年4月7日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

道端や草むらに、タンポポの花が咲いています。タンポポは、キク科の多年草ですが、花は1本の花茎に1つしか咲きません。なので、タンポポに...

(2022年版)【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラ、ビラノア、デザレックスとの違い

(2022年版)【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラ、ビラノア、デザレックスとの違い

「ザイザル」は花粉症などのアレルギー性鼻炎によるくしゃみ、鼻水や鼻づまりの治療のために病院でよく処方される第2世代抗ヒスタミン薬(医療用医薬品)です。ザイザルの効き目や眠気の特徴、ジルテックやアレグラ、ビラノア、デザレックスとの違いなど、ザイザルについてご説明します。

(2022年版)【花粉症薬】効き目が強い処方薬「アレロック」とは?アレグラやザイザル、ビラノア、デザレックスとの違いは?

(2022年版)【花粉症薬】効き目が強い処方薬「アレロック」とは?アレグラやザイザル、ビラノア、デザレックスとの違いは?

花粉症などのアレルギー性鼻炎向け処方薬(医療用医薬品)の中で、効き目が強いと評価されているのが「アレロック」です。アレロックの特徴や、アレグラ、ザイザル、ビラノア、デザレックスとの違いをご説明します。

【2022年4月6日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年4月6日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

桜の花は、満開から約1週間程度で散り始めます。雨が降ったり強い風が吹くと花は早く散ります。一方、花が咲いてから気温が下がると、花が長...

【花粉症薬】花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼る薬「アレサガテープ」薬価は?子どもには?市販薬は?評判は?

【花粉症薬】花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼る薬「アレサガテープ」薬価は?子どもには?市販薬は?評判は?

「アレサガテープ」(医療用医薬品、経皮吸収型テープ)は、花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療に、皮膚に貼って薬を投与するテープ剤です。...

【2022年4月5日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想。雨あがりの花粉に注意~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年4月5日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想。雨あがりの花粉に注意~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

きょう4月5日から19日までの半月間は、太陽の動きをもとにして季節を区分した「二十四節気」の「清明」と呼ばれる季節になります。この時...

【2022年版】病院でよく処方される花粉症薬「第2世代抗ヒスタミン薬」の特徴~アレサガテープ、ルパフィン、ビラノア、タリオン、アレグラ、ザイザル、アレロックなど

【2022年版】病院でよく処方される花粉症薬「第2世代抗ヒスタミン薬」の特徴~アレサガテープ、ルパフィン、ビラノア、タリオン、アレグラ、ザイザル、アレロックなど

花粉症の主な薬といえば第2世代抗ヒスタミン薬です。アレグラ、ザイザル、アレロック、タリオン、ビラノア、デザレックス、アレサガテープ、ルパフィン、ジルテック、クラリチン、アレジオン、エバステルといった花粉症などのアレルギー性鼻炎向け処方薬(医療用医薬品)の特徴(効き目の強さ、眠気、服薬回数、価格、ジェネリックの有無、市販薬の有無など)をご説明します。