fbpx
(2022年版)【花粉症薬】処方薬ビラノアとデザレックスとは~アレグラやザイザルよりも人気⁉OD錠も出た!

(2022年版)【花粉症薬】処方薬ビラノアとデザレックスとは~アレグラやザイザルよりも人気⁉OD錠も出た!

花粉症向けの医療用医薬品で2016年11月に発売になったビラノアとデザレックスは、利き目がよく、眠気が少ない、また1日1回という服薬...

(2022年版)【花粉症薬】処方薬ルパフィンとは?鼻づまりにも効く?~アレグラ、ビラノア、デザレックスとの違いは?

(2022年版)【花粉症薬】処方薬ルパフィンとは?鼻づまりにも効く?~アレグラ、ビラノア、デザレックスとの違いは?

「ルパフィン」は、花粉症の鼻水だけでなく鼻づまりにも効くとされる飲み薬です。2017年11月に発売され、2021年のシーズンでは処方...

花粉症の処方薬ランキング!処方数の伸び率で比較!どれが人気?(2022年版)

花粉症の処方薬ランキング!処方数の伸び率で比較!どれが人気?(2022年版)

「抗ヒスタミン薬」は、花粉症などのアレルギーで起こるくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを治療する中心的な薬剤です。 アレグラ、クラリ...

(2022年版)花粉症の処方薬「点鼻ステロイド薬」の種類や特徴~小児用は?市販薬はある?(アラミスト、ナゾネックス、エリザス、リノコ―ト、フルナーゼ)

(2022年版)花粉症の処方薬「点鼻ステロイド薬」の種類や特徴~小児用は?市販薬はある?(アラミスト、ナゾネックス、エリザス、リノコ―ト、フルナーゼ)

点鼻ステロイド薬(鼻噴霧用ステロイド薬ともいう。点鼻薬は鼻スプレーともよばれる)は、花粉症の初期療法の一つとして、花粉症などの治療で処方が増えています。ここでは代表的な医療用医薬品(処方薬)の点鼻ステロイド薬の違いや特徴、小児への適応をご説明し、またドラッグストアで手に入る市販の点鼻ステロイド薬をご紹介します。

【2022年3月31日】今日の花粉「やや多い🌲🌲○○○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年3月31日】今日の花粉「やや多い🌲🌲○○○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

きょう3月31日は「山菜の日」です。山形県の山菜料理屋『出羽屋』が制定したもので、「さん(3)さ(3)い(1)」(山菜)と読む語呂あ...

【2022年3月30日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年3月30日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

花粉症の原因にもなるヒノキですが、お風呂や社寺の用材になる最高の材木として古くから尊ばれてきました。スギと同様に、戦後の植林政策で関...

スギ花粉症の人もヒノキ花粉でアレルギーに⁉ヒノキ花粉症とは?

スギ花粉症の人もヒノキ花粉でアレルギーに⁉ヒノキ花粉症とは?

桜が満開を迎えるころに、スギ花粉の飛散ピークは過ぎ、今後はヒノキ花粉が本格飛散します。 スギ花粉症の人は、スギ花粉のシーズンが...

【2022年3月29日】今日の花粉「やや多い🌲🌲○○○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年3月29日】今日の花粉「やや多い🌲🌲○○○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

チューリップは世界中で人気のある球根植物で、5000を超える品種が登録され、およそ1000品種が世界中で育てられています。一重咲き、...

【2022年3月28日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2022年3月28日】今日の花粉「非常に多い🌲🌲🌲🌲○」予想~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

都会の庭先でも、「夏みかん」がたわわに成っているのをみかけます。夏みかんの正式名称は「ナツダイダイ」でミカン科の植物です。 通常、...

花粉がきっかけ?ハンノキ花粉症と関係するバラ科の食物アレルギーとは『健康カプセル!ゲンキの時間』(3月27日)

花粉がきっかけ?ハンノキ花粉症と関係するバラ科の食物アレルギーとは『健康カプセル!ゲンキの時間』(3月27日)

2022年3月27日のTBS系列『健康カプセル!ゲンキの時間』で取り上げたテーマは、「花粉症がキッカケ?専門医に学ぶ!大人でも発症す...