fbpx

【花粉症対策】パンダのうんこ💛でできた高級ティッシュで花粉症の鼻水をかむのはどう?

花粉症対策 ティッシュ パンダの糞でできたティッシュなど

z.jd.comより

東京上野動物園で生まれたパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の一般公開が2017年12月19日より開始され、日本では連日そのニュースでもちきりですが、パンダの本家、中国では、パンダのうんこ!でできたティッシュが注目を集めています。

これから春の花粉シーズンがやってくると、花粉症お悩み人にとってティッシュは必需品。

そこで今回は、パンダの糞(ふん)でできたティッシュ「PANDA POO(パンダ・プー)」をご紹介します!

➡New! あなたにぴったりの花粉症対策はどれ?

『特集!花粉症対策』~あなたにぴったりの花粉症対策はどれ?

1.パンダの食事量と糞

中国南西部パンダ保護区研究センター(CCRCGP)の研究員によると、大人のパンダは1日に12~15キロの竹を食べますが、竹から栄養分を吸収できず、排便量が1日約10キロにもなります。

さらに、パンダは竹のおいしいところしか食べなかったり、食事後に大量の竹を吐き出すため、1日で出す残飯は約50キロにも。

2.ティッシュはどうやってできる?

今回、パンダ保護区研究センターとパンダの糞でティッシュを製造する契約を締結したのは、四川省にあるティッシュ製造会社の「犍為鳳生紙業」。

犍為鳳生紙業は、3~7日おきにパンダ保護区内の3カ所の拠点から原材料となる糞便と残飯を回収し、リサイクルすることによって「パンダ・プー」を製造します。

パンダは主に竹の中の多糖類を栄養分として摂取し繊維の部分は排便するので、製紙の作業プロセスで必要な繊維を取り出す工程をパンダが代行してくれていることになります。

犍為鳳生紙業の経営者は、簡単に繊維部分だけが手に入り、パンダが製紙のプロセスを簡略化に役立っていると「ウィンウィンの関係」だとも。

今後は、ティッシュやトイレットペーパーだけでなく、ハンカチ、紙ナプキンなどの生産も計画しているそうです。

3.衛星面は大丈夫?価格は?

いくら愛らしいパンダだからといって、糞はフンであることにかわりはありません。糞でできたティッシュで口を拭いたり鼻をかむのはちょっと…と気になる人もいるでしょう。衛生面が気になるところです。

犍為鳳生紙業によると、60の工程をかけて高温消毒も繰り返し行い、出荷前の細菌検査でも国家安全基準を満たしていると説明しています。

通常のティッシュよりもかなり工程がかかっているため、価格は1箱約740円!

しっとり柔らかい感触で人気の鼻セレブが3箱セットで約1000円なので、まさに高級ティッシュですね!

アマゾンで買う
ネピア 鼻セレブ ティシュ 400枚(200組)×3個パック

4.おわりに

2018年春の花粉シーズンは例年並みの2月上旬スタートといわれています。花粉症で鼻水や鼻づまりなど鼻炎症状が起こる方にはティッシュは必需品。鼻のかみ過ぎで鼻の下がガザガザにならないためにティッシュの素材にこだわったり、花粉シーズンは大量にティッシュを消費するのでコストパがよいものを選ぶのが通常ですが、パンダが大好きな人は、試しに一度「Panda Poo(パンダ・プー)」を使ってみたいと思いませんか?

花粉症クエスト取材班では、Panda Pooを入手すべく調査中です。後日またレポートします!

 ➡ハウスの腸まで届く乳酸菌(花粉症対策サプリ)

ラクトプランL-137

参照:Fly Media