fbpx

(スギ花粉症舌下免疫療法)シダキュアは5月から長期処方が可能に、シダトレンは販売終了へ

(スギ花粉症舌下免疫療法)シダキュアは5月から長期処方が可能に、シダトレンは販売終了へ 花粉症,花粉症治療,舌下免疫療法,シダキュア,シダトレン

シダトレン、販売終了へ

スギ花粉症向けの舌下免疫療法の薬である「シダトレンスギ花粉舌下液」が2021年3月末を目途に販売を終了することがわかりました。

シダキュア、5月から長期処方が可能に

今後は昨年2018年6月に販売開始となった「シダキュアスギ花粉舌下錠」に切り替えられていくとみられます。シダキュア舌下錠は、2019年5月1日から14日の処方日数制限が解除され、1ヵ月などの長期処方が可能になります。

舌の下にスギ花粉のアレルゲンエキスの薬を投与して、スギ花粉症を根本から治すことを目指す舌下免疫治療法は、2014年から保険適用になり、利用する人が増えています。

日経DIによると、2018年12月時点でのそれぞれの患者数は、シダトレン約12万人、シダキュア約4万人とされています(シダトレンからシダキュアに切り替えてた患者は重複してカウント)。

シダトレンとシダキュアの違い

シダトレンは冷蔵庫に保管しなくてはいけなかったり、舌の下に置く時間が2分間であったのに対して、シダキュアは室温で保管可能、舌の下に置く時間が1分間と短いため、患者さんにとっての負担が軽減されています。

シダキュアとシダトレンの違い

シダキュアとシダトレンの比較表

治療開始は6月~12月

なお、スギ花粉症向けの舌下免疫療法は、スギ花粉の飛散の可能性が少ない6月から12月の間に治療を開始するように勧められています。

舌下免疫療法やシダキュアの詳しいことは、こちらをご覧ください。↓↓

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬『シダキュア スギ花粉舌下錠』とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

大人気!\健康によい食べ物を買ってレシートを送るとポイントがもらえる/アプリがあるんです!

レシートを撮ってポイントに代えよう ハッピーレシート

ハッピーレシート レシートを撮ってポイントゲット 梅おにぎり 鮭おにぎり どちらも毎日1個100ポイント

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

App Store ここからダウンロード

➡人気の「アレグラFX」と同じ有効成分で価格が安め!

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品