花粉症の症状の特徴は?春と秋の花粉症で悩む人が多く、かゆみも多い

花粉症クエストでは、花粉症にお悩みの方を対象に「花粉症に関するアンケート調査」をインターネットで実施しました。その結果、

■ 春の花粉症にお悩みの方のうち約40%の方が春以外の季節でも花粉症に悩んでいる

■ 花粉症の4大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ)に加えて「かゆみ」で悩んでいる人が多い

ことがわかりました。

➡花粉症の検査について

【花粉症検査】花粉症の検査の種類や内容は?どの科で受診?費用は?

1.調査の概要

国民病ともいわれる春のスギ花粉症だけでなく、夏、秋、冬、それぞれの季節で、イネ科、ブタクサなど、さまざまな花粉による花粉症で悩む人が増えています。そこで花粉症にお悩みの方がどんな時期に、どんな症状で悩んいるか、花粉症薬を利用しているのか、などの実態調査を行いました。

  • 調査対象:花粉症にお悩みの方
  • サンプル数:100人
  • 男女比:男性39、女性61
  • 年齢:20歳未満1人、20~29歳19人、30~39歳32人、40~49歳32人、50~59歳15人、60歳以上1人
  • 住まい:北海道3人、東北6人、関東41人、中部12人、近畿19人、中国7人、四国5人、九州6人、その他1人
  • 調査方法:インターネットによるアンケート調査
  • 調査実施日:2017年10月29日

2.調査でわかった花粉症症状の特徴

●花粉症薬を利用している人は3人に2人の割合

「あなたは花粉症ですか?」(1つ選択、回答数100)という質問に対して、花粉症と答えた人は88名でした。(11人が花粉症かどうかわからない、1人が花粉症ではない、を選択)

花粉症と答えた人のうち、処方薬を利用している人は25人で約28%、市販薬を利用している人は33人で約38%、合わせて約66%の人(3分の2の人)が花粉症薬を使用していました。

一方、マスクなどで対策して薬を利用しない人が30人で約34%となりました。

花粉症薬利用率 アンケート

●春と秋のシーズンで花粉症で悩む人が多い

「あなたの花粉症のシーズンは?」(花粉症であると答えた88人対象、複数回答可)という質問に対する回答は以下のようになりました。

アンケート 花粉症のシーズン

回答者88人のうち、複数のシーズンで花粉症に悩んでいる人は34人で、約39%に相当しました。

スギやヒノキの春の花粉症と答えた77人のうち、他のシーズンの花粉症でも悩んでいる人は29人で、約38%でした。特に、秋の花粉症も悩んでいる人は21人で約27%と、春と秋の両方の花粉症に悩む人が多い傾向が読み取れます。

花粉症アンケート 春と別のシーズンで悩む人

●4大症状に加えてかゆみで悩む人が多い

「あなたの花粉症の症状を選んでください」(花粉症であると答えた88人対象、複数回答可)という質問に対する回答は以下のようになりました。

花粉症アンケート 症状について

目のかゆみ、鼻水、鼻づまり、くしゃみという花粉症の4大症状のうち複数の症状をかかえる人が大多数で、88人全員が4大症状のうち1つ以上を症状として発症していました。

その他の症状の中では、のど、皮膚、口、耳でかゆみの症状をあげた人が合計で72人と、4大症状と同程度の数値となり、また、自由記述の回答の中でも、かゆみに関するコメントが多くありました。

ー「かゆみ」に関するコメント例

  • 頭皮や体が急にかゆくなる
  • 蕁麻疹
  • 喉がかゆい
  • 目のまわりがただれる
  • 肌荒れがおこる

●市販の鼻炎薬では「アレグラFX」が人気

「2016年以降使用したことのある市販の花粉症薬」(花粉症であると答えた88人対象、複数回答可)について質問したところ、鼻炎薬に関しては以下のような結果となりました。

花粉症アンケート 鼻炎薬人気

「アレグラFX」を服用したことある人が多いことがわかります。次いで「アレジオン」と、同じ効能効果の「コンタック鼻炎Z」と「ストナリニZ」が人気であることがわかりました。

3.おわりに

『花粉症クエスト』では、今回のアンケート調査結果も参考にしながら、花粉症の症状についての説明やその対策法、予防法など、花粉症にお悩みの方に役立つ情報を随時ご提供していきます。

➡花粉症と風邪の違いは?

花粉症と風邪の症状の違いは?花粉症に風邪薬は効く?花粉症薬と風邪薬の併用はOK?

➡乾燥が花粉症の原因?

【花粉症原因】空気の乾燥が花粉症の原因に?~秋から冬の花粉症には皮膚の乾燥にも注意!