fbpx

「 アレルギー性鼻炎 」一覧

アレルギー検査で鼻水の原因を突き止める!種類や費用、子ども用は?~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック・金井憲一院長がやさしく解説

アレルギー検査で鼻水の原因を突き止める!種類や費用、子ども用は?~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック・金井憲一院長がやさしく解説

鼻水が出たり咳が止まらないとき、何が原因かを悩むことがあります。そんなときは病院でアレルギー検査をして症状の原因を突き止めることが大切です。原因がわかれば、きちんと予防したり治療方針を立てることができるからです。そこで、花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の共同連載「名医が教える!花粉症の治し方」では、NPOの理事であり、こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長の金井憲一先生に、アレルギー検査の種類や内容、費用、子ども向けのアレルギー検査などを解説していただきました。

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

猛暑で夏バテになり、鼻水が出る、咳がとまらない、などの症状を訴える人が多くいます。しかし、その原因が夏風邪なのか、花粉症やダニなどのアレルギー性鼻炎なのか、寒暖差によるものなのか、迷うことも少なくありません。そこで、連載『名医が教える!花粉症の治し方』では、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の理事で、こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長の金井憲一先生に、この時期の「鼻水の種類の見分け方や対策法」や「風邪薬と花粉症薬の併用可否」について、わかりやすく解説していただきました。

【花粉症治療】スギ、イネ科、カバノキ科など多種の花粉アレルギーには皮下免疫療法で根治や緩和を目指す~相模原病院・谷口正実先生が解説

【花粉症治療】スギ、イネ科、カバノキ科など多種の花粉アレルギーには皮下免疫療法で根治や緩和を目指す~相模原病院・谷口正実先生が解説

スギ花粉以外にイネ科、ブタクサ、シラカンバなど多種の花粉アレルギーに悩む方が増えています。スギ花粉症だけであれば舌下免疫療法がありますが、複数の花粉が原因の花粉症で根治を目指す治療法があるのでしょうか。ここでは、海外から花粉アレルゲンエキスを取り寄せ(輸入したアレルゲンエキスは患者さんに請求しない?!)、皮下免疫療法で多種花粉アレルギーの根治や緩和を目指す、相模原病院の谷口正実・臨床研究センター長のお話をご紹介します。

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

国立病院機構相模原病院でアレルギー治療の最前線に立たれている谷口正実・臨床研究センター長に、前回(Part1)は、アレルギー治療の第一歩、原因物質を突き止める「アレルギー検査」について解説していただきました。今回(Part2)は、すでに起こってしまった花粉症などのアレルギー性鼻炎症状を鎮めるために、谷口先生がおすすめする「治療薬3点セット」(抗ヒスタミン薬、点鼻ステロイド薬、抗ロイコトリエン薬)についてお伝えします。

花粉やダニ対策には寝具の丸洗いが効果的?!花粉症・ダニアレルギー向けおすすめ寝具対応4選

花粉やダニ対策には寝具の丸洗いが効果的?!花粉症・ダニアレルギー向けおすすめ寝具対応4選

国民の半数がすでになんらかのアレルギーになり、その患者数は年々増加傾向。夏から秋にかけてはイネ科やブタクサの花粉だけでなく、繁殖したダニの死骸やフンが原因でアレルギー性鼻炎に悩む人も増えています。特にダニアレルギーは子どもに多くみられる症状で、親御さんとしてはなんらか対策をしてあげたいと思うものです。花粉やダニ対策の中でも長時間を過ごす寝室や寝具向けの対応はとりわけ重要です。そこで今回は、花粉やダニや、そのアレルゲン除去に役立つ「寝具対応」を4つご紹介します。

花粉症・鼻アレルギー向け「点鼻ステロイド薬」の違いや特徴~小児には?市販薬は?(アラミスト、ナゾネックス、エリザス等)

花粉症・鼻アレルギー向け「点鼻ステロイド薬」の違いや特徴~小児には?市販薬は?(アラミスト、ナゾネックス、エリザス等)

点鼻ステロイド薬(鼻噴霧用ステロイド薬ともいう。点鼻薬は鼻スプレーともよばれる)は、「鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版(改定第8版)」で新たに花粉症の初期療法の一つとなり、花粉症などの治療で処方が増えています。ここでは代表的な医療用医薬品(処方薬)の点鼻ステロイド薬の違いや特徴、小児への適応をご説明し、またドラッグストアで手に入る市販の点鼻ステロイド薬をご紹介します。

【花粉症薬】花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼って治すテープ剤「アレサガテープ」発売!サロンパスの久光製薬から

【花粉症薬】花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼って治すテープ剤「アレサガテープ」発売!サロンパスの久光製薬から

サロンパスでおなじみの久光製薬は、花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療用に皮膚に張るテープ剤「アレサガテープ」(医療用医薬品、経皮吸収型テープ)を2018年4月24日から発売しました。 ここでは、アレサガテープとはどういう薬なのか、同じ成分(エメダスチン)の経口薬レミカット(との違いをご説明します。

子どもの鼻水を理解する!鼻かぜや蓄膿の裏には花粉症が!?~日医大・松根先生講演レポ

子どもの鼻水を理解する!鼻かぜや蓄膿の裏には花粉症が!?~日医大・松根先生講演レポ

日本医科大学武蔵小杉病院・耳鼻咽喉科部長として治療の最前線でご活躍されている松根彰志教授のもとに診療に来るお母さんの相談で多いのが子どもの鼻水。鼻水は花粉症の代表的な症状でもあることから、松根先生は「子どもの鼻水」をテーマとして2018年2月25日に開催された第5回花粉症市民講座の中で講演をされました。そのお話の概要をご紹介します。

【アレルギー】アトピー、喘息、じんましんなど、アレルギーの種類とその症状・原因・対策法

【アレルギー】アトピー、喘息、じんましんなど、アレルギーの種類とその症状・原因・対策法

秋はブタクサなどの花粉症や、夏に繁殖したダニの死骸や糞のダニアレルギーなどアレルギーの症状で悩む人が多くなるシーズンです。そこで今回は、アレルギー発症のメカニズム、アトピーや喘息など代表的なアレルギーの種類やその症状、対策法についてお伝えします。

【鼻炎薬2選】コスパで人気の市販鼻炎薬「アレルビ」と「鼻炎薬Aクニヒロ」。どんなものかまとめてみた

【鼻炎薬2選】コスパで人気の市販鼻炎薬「アレルビ」と「鼻炎薬Aクニヒロ」。どんなものかまとめてみた

市販鼻炎薬を利用して花粉症対策を行う場合一定期間継続的に服用することが多いですね。そうすると、薬を選ぶポイントとして効き目はもちろんですが、コストについても気になります。Amazonランキングでいつも上位にランクされている「アレルビ」と「鼻炎薬Aクニヒロ」は値段の観点からも気になる存在です。そこで「アレルビ」と「鼻炎薬Aクニヒロ」のふたつの薬がどのようなものかをまとめてみました。