fbpx

スギ花粉

眠くならない花粉対策とは?ドライバーに教わる最新花粉対策アイテム3選~「MoriLabo花粉バリアスティック」など

眠くならない花粉対策とは?ドライバーに教わる最新花粉対策アイテム3選~「MoriLabo花粉バリアスティック」など

3月はスギ花粉の飛散がピークになる月。今年は例年より早く飛び始めた分、花粉症のつらい症状にお悩みの方もすでに多いようです。症状を抑え...

花粉症で経済損失額1日2,215億円も⁉マスクの不満を「MoriLabo花粉バリアスティック」で解消して仕事効率アップしよう!

花粉症で経済損失額1日2,215億円も⁉マスクの不満を「MoriLabo花粉バリアスティック」で解消して仕事効率アップしよう!

春になると花粉のせいで鼻はグズグズ、目はショボショボに。最新のリサーチによると、花粉症が原因で出社をためらった人が6割にものぼり、仕...

人気の花粉対策スプレー「アレルシャット イオンでブロック」!しくみや評判を徹底紹介!

人気の花粉対策スプレー「アレルシャット イオンでブロック」!しくみや評判を徹底紹介!

「花粉ブロックスプレー」は花粉対策の必須アイテム。中でも、『アレルシャット イオンでブロック』は大人気の商品です。 そこでここ...

【花粉バリアスティック】豪華商品が当たる!「花粉症あるあるツイートキャンペーン」実施!

【花粉バリアスティック】豪華商品が当たる!「花粉症あるあるツイートキャンペーン」実施!

軽くひと塗りでマスクを高性能化!『花粉対策におすすめ!』と大人気の「MoriLabo(モリラボ)花粉バリアスティック」! 「花粉バ...

注目の花粉対策グッズ「MoriLabo花粉バリアスティック」!評判やおすすめの使い方を徹底紹介!

注目の花粉対策グッズ「MoriLabo花粉バリアスティック」!評判やおすすめの使い方を徹底紹介!

軽くひと塗りでマスクを高性能化!昨シーズンに発売されるや”花粉対策におすすめ!”と大評判になったのが「MoriLabo(モリラボ)花粉バ...

花粉対策は「塗る」がキーワード!~花粉バリアスティックなどおすすめ3選

花粉対策は「塗る」がキーワード!~花粉バリアスティックなどおすすめ3選

花粉飛散がスギからヒノキへと移ってきました。今年の花粉は例年より早くから多く飛んでいましたが、シーズンも残すところあと1ヵ月ぐらい。そこで、今シーズン話題になった花粉対策グッズやトレンドを振り返り、これからの花粉対策の参考にしちゃいましょう!

マスクに塗る「MoriLabo花粉バリアスティック」で鼻や目がスーッとする!?花粉対策マスクがパワーアップ!

マスクに塗る「MoriLabo花粉バリアスティック」で鼻や目がスーッとする!?花粉対策マスクがパワーアップ!

今年話題の花粉対策アイテムといえば、マスクに塗るだけでトドマツの香りが花粉をガードするMoriLabo(モリラボ)花粉バリアスティック!花粉シーズンの真っただ中、花粉バリアスティックを実際に使ってみました!その感想をレポートします!

【花粉症対策】香りで花粉をガード!?マスクに塗る「MoriLabo花粉バリアスティック」使ってみた!

【花粉症対策】香りで花粉をガード!?マスクに塗る「MoriLabo花粉バリアスティック」使ってみた!

今話題の花粉対策アイテムといえば、マスクに塗るだけで香りが花粉をガードしてくれるMoriLabo(モリラボ)花粉バリアスティック。テレビや雑誌などたくさんのメディアに取り上げられて人気急上昇中です。そこで、長年花粉症に悩んできた僕がバリアスティックを初体験!使い方や使用感をばっちりレポートします!

お米を食べて花粉症対策「スギ花粉米」の最新動向~花粉米セミナー2019

お米を食べて花粉症対策「スギ花粉米」の最新動向~花粉米セミナー2019

お米を食べて花粉症対策「スギ花粉米」の最新動向がわかるセミナーが、2019年2月9日東京四谷で開催されました。スギ花粉米を開発した農研機構の高野誠氏やヒトでの臨床研究を行っている大阪はびきの医療センター・橋本章司先生からスギ花粉米のメカニズムや臨床研究の最新状況ついて説明がなされました。その模様をレポートします。

(2019年花粉症特集)今シーズンの花粉は多い?いつ頃飛散開始?花粉症の治療とは?~「花粉発生源対策普及シンポジウム」レポート(後編)

(2019年花粉症特集)今シーズンの花粉は多い?いつ頃飛散開始?花粉症の治療とは?~「花粉発生源対策普及シンポジウム」レポート(後編)

2019年のスギ・ヒノキの花粉シーズンはもうすぐ。今シーズンの花粉の飛ぶ量は?いつ頃から飛び始め?花粉量予測する上で重要なポイントは?花粉症治療の最新状況は?ここでは昨年12月に開催された「花粉発生源対策普及シンポジウム」をレポートします。(後編)