fbpx

スギ花粉

【2019年花粉症特集】ふつうのマスクもこれ1本で高性能に!凶悪化した花粉アレルゲンをブロック!「花粉バリアスティック」新発売

【2019年花粉症特集】ふつうのマスクもこれ1本で高性能に!凶悪化した花粉アレルゲンをブロック!「花粉バリアスティック」新発売

大気中の汚染物質で凶悪化した花粉アレルゲンはひどい花粉症の原因に。咳がとまらない、喘息まで。新発売された「MoriLabo(モリラボ)花粉バリアスティック」があればふつうのマスクが高性能マスクに早変わり!花粉症の予防や対策に大活躍!ここでは花粉バリアスティックの製品概要やメカニズムをご紹介します!

(2019花粉症特集)花粉は多め?少なめ?花粉飛散予測はどうやって行う?NPO花粉情報協会・横山敏孝理事に聞く

(2019花粉症特集)花粉は多め?少なめ?花粉飛散予測はどうやって行う?NPO花粉情報協会・横山敏孝理事に聞く

今年の花粉飛散量は多い?少ない?どうやって予測しているの?ここでは、スギ花粉症が社会問題化して以来、花粉量予測技術の確立に尽力されてきたNPO花粉情報協会の横山敏孝理事に花粉量予測の仕組みや花粉予測の重要ポイントについてやさしく説明していただきました!

花粉シーズンに向け、子どもの花粉症・アレルギー性鼻炎の治し方を聞く(後編)~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック・金井憲一院長インタビュー

花粉シーズンに向け、子どもの花粉症・アレルギー性鼻炎の治し方を聞く(後編)~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック・金井憲一院長インタビュー

スギ花粉が原因のアレルギー性鼻炎に悩むお子さんが低年齢化し増えています。そこで、花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の共同連載「名医が教える!花粉症の治し方」では、NPOの理事であり、こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長の金井憲一先生に、子どもの花粉症などのアレルギー性鼻炎の特徴、風邪との見分け方、最新の治療法などについてわかりやすく解説していただきました!ここでは【後編】をご紹介します。

世界最高レベル!花粉症薬の効果試験を行う「花粉曝露室」(かふんばくろしつ)とは

世界最高レベル!花粉症薬の効果試験を行う「花粉曝露室」(かふんばくろしつ)とは

花粉症薬の効果を試験するためには、自然環境の下で行う以外に、「花粉曝露(ばくろ)室」という人工的にスギやヒノキの花粉を飛散させる試験室があるんです。毎年薬にお世話になっている立場としては、どんなところで効果テストをしているのか、ちょっと気になります。そこで、花粉症クエストとNPO法人「花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会」の共同連載「名医が教える!花粉症の治し方」では都内にある花粉曝露室を実際に見学!ここでは、その内容をレポートします!

花粉症と喉頭アレルギー(喉のかゆみ、咳)は併発する?~千葉大学大学院・岡本美孝教授【学会講演】

花粉症と喉頭アレルギー(喉のかゆみ、咳)は併発する?~千葉大学大学院・岡本美孝教授【学会講演】

花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが代表的ですが、咳や喉のイガイガの症状で悩む人も多くいます。しかし、この喉の症状は花粉によるアレルギー症状なのでしょうか。そうであるとしたら、そのメカニズムはどのようなものか?ここでは、千葉大学大学院の岡本美孝教授の「日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会」(2018年7月20~21日開催)のご講演のうち「花粉の影響などによる喉頭アレルギー」の概要についてご紹介し、花粉症と喉の症状との関係性について掘り下げていきます。

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

国立病院機構相模原病院でアレルギー治療の最前線に立たれている谷口正実・臨床研究センター長に、前回(Part1)は、アレルギー治療の第一歩、原因物質を突き止める「アレルギー検査」について解説していただきました。今回(Part2)は、すでに起こってしまった花粉症などのアレルギー性鼻炎症状を鎮めるために、谷口先生がおすすめする「治療薬3点セット」(抗ヒスタミン薬、点鼻ステロイド薬、抗ロイコトリエン薬)についてお伝えします。

アレルギー検査とは?花粉症やアレルギー治療は原因物質を突き止めることから!~相模原病院・谷口正実先生が解説

アレルギー検査とは?花粉症やアレルギー治療は原因物質を突き止めることから!~相模原病院・谷口正実先生が解説

アレルギー疾患はこれまでスギ花粉、ダニだけといったシングルアレルギゲンで悩む患者さんが中心でしたが、最近は複数の原因物質に悩む「マルチアレルギー」が増えています。そこで、国立病院機構 相模原病院の谷口正実・臨床研究センター長に、花粉症をはじめとしたマルチアレルギー疾患の効果的な治療法についてお話をお聞きしました。ここでは、谷口先生のお話の中からPart1として、「アレルギー治療の第一歩は原因物質を突き止めることから。アレルギー検査とは」をお伝えします。

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

日本気象協会によると、4月21日(土)から一週間の花粉飛散は、全国的に「少なめ」。スギ花粉に続いて大量に飛散したヒノキ花粉もピークを越えたようです。ただし、山の標高の高いところのヒノキから今後も花粉が大量に飛散する可能性があります。花粉症の原因となるヒノキ花粉とスギ花粉のアレルゲン物質は構造が似ているため、ヒノキ花粉症の人だけでなくスギ花粉症の人も、もうしばらく花粉対策に気を配りましょう。

池上彰のニュースそうだったのか!スギが少ない都会に花粉症の人が多いのはなぜ?コンクリート?大気汚染?

池上彰のニュースそうだったのか!スギが少ない都会に花粉症の人が多いのはなぜ?コンクリート?大気汚染?

池上彰氏が話題のニュースを分かりやすく解説するテレビ朝日「池上彰のニュースそうだったのか!」で2018年4月14日に取り上げられた「花粉症」。45年間も花粉症に悩んでいる池上さんが田舎よりも都会に多い実態について、その背景や原因を説明します。コンクリートで花粉をあびる機会が増える?大気汚染で花粉が破裂すると肺の病気に?

【花粉情報】あと10日で今年の花粉の本格シーズンは終了か?!4月14日~の週後半は花粉飛散がようやく控えめに

【花粉情報】あと10日で今年の花粉の本格シーズンは終了か?!4月14日~の週後半は花粉飛散がようやく控えめに

西日本から関東にかけてスギ花粉の飛散は収束を迎えています。例年にない猛威をふるったヒノキ花粉も全国的にピークを越え、2018年春の花粉シーズンは終盤戦となっている模様。ウェザーニュースは「スギ・ヒノキの本格的なシーズンはあと10日ほどで終了」と宣言! ここでは、4月14日~1週間のウェザーニュースの「スギ・ヒノキ花粉飛散予想」と、日本気象協会が発表した「今週の週間花粉情報」をご紹介します。