fbpx

「 スギ 」一覧

2018年春の花粉症を振り返り、花粉症年間カレンダーで今後の対策を検討しよう!~大久保公裕教授インタビュー(後編)

2018年春の花粉症を振り返り、花粉症年間カレンダーで今後の対策を検討しよう!~大久保公裕教授インタビュー(後編)

花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の共同連載『名医が教える!花粉症の治し方』第1回後編は、舌下免疫療法など花粉症治療の第一人者、日本医科大学・大久保公裕教授が「花粉症対策の年間カレンダー」で来年に向けた花粉症対策の要点を解説。なぜ食べ物や運動は花粉症対策に良い?また花粉症治療のこれからについても説明します。

2018年春の花粉症を振り返り、花粉症年間カレンダーで今後の対策を検討しよう!~大久保公裕教授インタビュー(前編)

2018年春の花粉症を振り返り、花粉症年間カレンダーで今後の対策を検討しよう!~大久保公裕教授インタビュー(前編)

連載『名医が教える!花粉症の治し方』第1回は、舌下免疫療法など花粉症治療の第一人者、日本医科大学・大久保公裕教授が今年の春の花粉シーズンを振り返って解説します。花粉症を治すコツは自分の症状を振り返るところから。そして来年に向けて自分に合った花粉症対策を検討することが重要です!花粉症年間カレンダーで時節にあった対策方法を検討しましょう。

【花粉情報】《5月25日更新》5月,6月の花粉症は何の花粉?イネ科?症状の特徴や対策法は?

【花粉情報】《5月25日更新》5月,6月の花粉症は何の花粉?イネ科?症状の特徴や対策法は?

5月はスギやヒノキの花粉もわずかに飛散しますが、この時期に花粉を多く飛ばし始めるのがカモガヤ、ハルガヤ、ライグラス、ホソムギとったイネ科の植物です。ここではイネ科をはじめスギ、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、コナラといった5月6月の花粉症の原因となる植物の花粉飛散情報や、「夏の花粉症」であるイネ科花粉症とは何か、症状の特徴や対策法についてご説明します。また東京都世田谷区下北沢で実施している花粉症の原因となる花粉モニタリング情報も毎日更新します。

花粉症で死ぬ!呼吸困難になるイネ科植物ライグラスの「雷雨喘息」とは?「花粉破裂」はもっとキケン?

花粉症で死ぬ!呼吸困難になるイネ科植物ライグラスの「雷雨喘息」とは?「花粉破裂」はもっとキケン?

中居くんと鶴瓶さんの「ザ!世界仰天ニュース」(日テレ)が2018年4月24日の番組で取り上げたテーマは「花粉症で死ぬ!超キケン呼吸困難の謎」。2016年11月、オーストラリアで突然起こった集団喘息で9名が死亡。それはイネ科のライグラス花粉症が原因の「雷雨喘息」だった!日本でもイネ科花粉症による雷雨喘息が起こるのか?それより恐ろしい黄砂やPM2.5 などの大気汚染物質による花粉破裂とは?

ヒノキ花粉の実態やヒノキ花粉症の原因物質アレルゲンとは?《埼玉大・王青躍研究室大学院生・五島孝浩さんインタビュー》

ヒノキ花粉の実態やヒノキ花粉症の原因物質アレルゲンとは?《埼玉大・王青躍研究室大学院生・五島孝浩さんインタビュー》

春の花粉症はスギだけでなくヒノキ花粉も原因です。スギより少し遅れて飛散が開始するヒノキ花粉ですが, 今年はここ数年にないほど大量飛散しました。ヒノキとはどんな植物で、ヒノキ花粉症はどんな特徴があるのでしょう?ここでは、埼玉大学大学院でヒノキ花粉と大気環境の影響などの研究を行っている五島孝浩さんに、ヒノキ花粉やそのアレルゲンの特徴、研究の抱負などについてお話を伺いました。

今年は花粉症とインフルエンザで喉がつらい?!花粉症の咳や喉のイガイガの原因や「のどケア」とは

今年は花粉症とインフルエンザで喉がつらい?!花粉症の咳や喉のイガイガの原因や「のどケア」とは

今年の春はスギだけでなくヒノキも大量発生し、インフルエンザが同時期に大流行した結果、喉にとって過酷な環境が続いています。ここでは、花粉症が原因で咳や喉のイガイガといった症状が起こるメカニズムや、喉のケアに役に立つ対策法についてお伝えします。

花粉症でお花見するには?~花粉症飲み薬とお酒は併用可?おすすめ花粉対策は?

花粉症でお花見するには?~花粉症飲み薬とお酒は併用可?おすすめ花粉対策は?

桜が咲く頃になってきました。しかし花粉症にお悩みの人にとってお花見は悩ましいところです。症状がひどい方は花粉飛散が多い日にはできるだけ外出を控える方が望ましいですが、症状が軽めの方は年に一度のお花見を楽しみたいですよね。そこでここでは、花粉症の方がお花見をするときの注意点について整理してみました。

【花粉情報】春はスギ以外も!2月3月4月5月の花粉は何?春の花粉症の原因、症状の特徴、対策法

【花粉情報】春はスギ以外も!2月3月4月5月の花粉は何?春の花粉症の原因、症状の特徴、対策法

2月3月4月5月の春の花粉症の原因となる花粉の種類、地域別の花粉飛散予測、春の花粉症症状の特徴や対策法を説明します。春の花粉症はスギ、ヒノキだけではありません。ハンノキ、シラカンバ、イネ科、ブナ科などが原因で花粉症になります。正しい花粉症対策を実行して症状を緩和しましょう。花粉が飛び始める前から花粉症薬を使うことも効果的です。

【花粉情報】冬の花粉症の原因は?11月12月1月2月の花粉カレンダーと症状の特徴・対策法

【花粉情報】冬の花粉症の原因は?11月12月1月2月の花粉カレンダーと症状の特徴・対策法

11月12月1月2月の冬の花粉症の原因となる花粉の種類、花粉飛散予測、冬の花粉症症状の特徴や対策法を説明します。冬の花粉症はスギ、ヒノキ、ハンノキなど春の花粉症が早めに始まったり、イネ科、ブタクサなどの秋の花粉症が残ったり、速攻対策と予防の両方が肝心です。

【花粉】2018年春の花粉飛散は今年より多め?~前年の花粉飛散量と夏の日照時間が決め手

【花粉】2018年春の花粉飛散は今年より多め?~前年の花粉飛散量と夏の日照時間が決め手

2018年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測は、日本気象協会が「今年より多い」、ウェザーニュースが「今年より少ない」と真逆であったことから注目を集めました。花粉情報協会理事・気象予報士の村山氏は今年の花粉飛散量と夏の日照時間から来春は大半の地域で今年より増加する見込みだと予測しています。