fbpx

口腔アレルギー

トマトは花粉症に良くない食べ物?!梅干しは花粉症対策にオススメ?!~日テレ「世界一受けたい授業」

トマトは花粉症に良くない食べ物?!梅干しは花粉症対策にオススメ?!~日テレ「世界一受けたい授業」

2月23日(土)放送の日本テレビ「世界一受けたい授業」は「最新研究で分かった!今やるべき花粉症対策2019」。JCHO東京新宿メディカルセンター 石井正則先生が教えてくれたのは「花粉症の人が食べるのを注意すべき食べ物」と「花粉症対策に良い食べ物」。それはなんと、トマトと梅干し?!

食物が原因のアレルギー|【花粉症クエスト】アレルギー入門

食物が原因のアレルギー|【花粉症クエスト】アレルギー入門

どんな食べ物でアレルギーが起こる?「食物が原因のアレルギー」では食物アレルギーについてわかりやすく説明します。花粉症クエストの「アレルギー入門」は順天堂大学 伊藤潤先生が著作・監修した本『アレルギー検査のミ・カ・タ』を原典とするアレルギーに関するデータベースです。アレルギーのことやアレルギー検査の結果を詳しく知るためなどにお役立てください。

秋の花粉症とは《前編:原因花粉の種類・症状の特徴・口腔アレルギー》ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

秋の花粉症とは《前編:原因花粉の種類・症状の特徴・口腔アレルギー》ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

この時期に、体調がすぐれない、鼻水が出る、喉がかゆいなどの原因のひとつが「秋の花粉症」。秋はブタクサ、ヨモギ、イネ科など花粉症の原因となる複数の花粉が飛散し、何に反応しているのかわかりにくく、季節の変わり目で風邪の症状と間違えることもあるので、自分が花粉症と気づかない人も少なくないようです。そこで花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の共同連載『名医が教える!花粉症の治し方』では、ふたばクリニック・橋口一弘院長に秋の花粉症について解説していただきました。ここでは前編として「秋の花粉症の種類、症状の特徴、口腔アレルギー」についてをお届けします。

【花粉情報】5月,6月の花粉症は何の花粉?イネ科?症状の特徴や対策法は?

【花粉情報】5月,6月の花粉症は何の花粉?イネ科?症状の特徴や対策法は?

5月はスギやヒノキの花粉もわずかに飛散しますが、この時期に花粉を多く飛ばし始めるのがカモガヤ、ハルガヤ、ライグラス、ホソムギとったイネ科の植物です。ここではイネ科をはじめスギ、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、コナラといった5月6月の花粉症の原因となる植物の地方別の花粉飛散情報や、「夏の花粉症」であるイネ科花粉症とは何か、症状の特徴や対策法についてご説明します。

ヒノキ花粉の実態やヒノキ花粉症の原因物質アレルゲンとは?《埼玉大・王青躍研究室大学院生・五島孝浩さんインタビュー》

ヒノキ花粉の実態やヒノキ花粉症の原因物質アレルゲンとは?《埼玉大・王青躍研究室大学院生・五島孝浩さんインタビュー》

春の花粉症はスギだけでなくヒノキ花粉も原因です。スギより少し遅れて飛散が開始するヒノキ花粉ですが, 今年はここ数年にないほど大量飛散しました。ヒノキとはどんな植物で、ヒノキ花粉症はどんな特徴があるのでしょう?ここでは、埼玉大学大学院でヒノキ花粉と大気環境の影響などの研究を行っている五島孝浩さんに、ヒノキ花粉やそのアレルゲンの特徴、研究の抱負などについてお話を伺いました。

(2019年版)【花粉情報】スギやヒノキ以外にも注意!2月3月4月の花粉カレンダーと症状の特徴・対策法

(2019年版)【花粉情報】スギやヒノキ以外にも注意!2月3月4月の花粉カレンダーと症状の特徴・対策法

春の花粉シーズンといえばスギやヒノキが代表的ですが、他にも花粉症の原因となる花粉が飛んでいます。 ここでは、2月、3月、4月の花粉症の原因となる花粉の種類(スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ、イネ科など)や飛散量予測、症状の特徴、対策法などについてお伝えします!

【花粉カレンダー】10月はブタクサ?イネ?スギも?10月の花粉情報や秋の花粉症の特徴~咳がでて風邪と間違えやすい!

【花粉カレンダー】10月はブタクサ?イネ?スギも?10月の花粉情報や秋の花粉症の特徴~咳がでて風邪と間違えやすい!

10月も9月に続いてブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、イネ科が飛ぶ秋の花粉症のシーズンです。スギも飛び始めます。そこで今回は、この時期の花粉の種類、地域別の花粉情報、10月の花粉症の特徴、風邪との見分け方、口腔アレルギーとの関係、おすすめ治療薬などをお伝えします。

【果物花粉アレルギー解説】スギ・ヒノキ花粉症にも関係する?『西洋ヒノキ花粉症とモモ・柑橘類アレルギーの共通アレルゲン、世界で初めて解明』

【果物花粉アレルギー解説】スギ・ヒノキ花粉症にも関係する?『西洋ヒノキ花粉症とモモ・柑橘類アレルギーの共通アレルゲン、世界で初めて解明』

北海道大学の相沢准教授らは、欧州で問題となっている西洋ヒノキの花粉症とモモや柑橘類を食べると発症する口腔アレルギーの共通アレルゲンのペプチドを世界で初めて発見しました。このペプチド、植物界全体に広く存在するものらしく、西洋ヒノキに近い種の日本のスギ・ヒノキ花粉症にも関係するかもしれません。

【口腔アレルギー解説】8月21日「今日のつぶやき」はキウイアレルギーってメジャーなの?

【口腔アレルギー解説】8月21日「今日のつぶやき」はキウイアレルギーってメジャーなの?

8月21日(月)「今日のつぶやき」は、フォルテおにいさん(とうきょう)の「キウイアレルギーってメジャーですか?」のつぶやき。2013年には小学校で集団アレルギーを起こしたキウイ。果物アレルギーは花粉症とも「交差反応」で関係しています。キウイの場合はイネ科やシラカバの花粉症と関連が。キウイアレルギーなど口腔アレルギー症候について調べてみました。

【花粉症原因】アレルギー検査でイネ科花粉にひっかかった~(*_*)8月4日「今日のつぶやき」はカノンちゃん

【花粉症原因】アレルギー検査でイネ科花粉にひっかかった~(*_*)8月4日「今日のつぶやき」はカノンちゃん

8月4日(金)「今日のつぶやき」は、カノンちゃんのアレルギー検査で「カモガヤってイネ科にひっかかった~」のつぶやき。イネ科の花粉が飛散するピークは2度あります。最初は5~6月、2回目が8月~9月です。症状はスギ花粉症と同じですが咳がでるなど風邪と間違えることがあるので注意が必要です。