fbpx

抗ロイコトリエン薬

【2019年5月20日】今日のイネ科花粉「多い」スギ・ヒノキ「少ない」、鼻づまりに飲む抗ロイコトリエン薬とは?~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2019年5月20日】今日のイネ科花粉「多い」スギ・ヒノキ「少ない」、鼻づまりに飲む抗ロイコトリエン薬とは?~花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』

【2019年5月19日更新】今日の花粉は、イネ科が「多い」、スギ・ヒノキが「少ない」予想です。オノン、シングレアなど花粉症の鼻づまり向け抗ロイコトリエン薬とは?~花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期はカモガヤなどのイネ科花粉を中心に観測します。

花粉症の薬とは?~第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイド薬について

花粉症の薬とは?~第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイド薬について

花粉症の薬にはいくつかの種類があります。ヒスタミンの働きをブロックしたり、神経や血管への働きを抑えたり、アレルギー反応による炎症を和らげたりする薬です。 ここでは、花粉症の薬のうち、第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイド薬についてご説明します。

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

国立病院機構相模原病院でアレルギー治療の最前線に立たれている谷口正実・臨床研究センター長に、前回(Part1)は、アレルギー治療の第一歩、原因物質を突き止める「アレルギー検査」について解説していただきました。今回(Part2)は、すでに起こってしまった花粉症などのアレルギー性鼻炎症状を鎮めるために、谷口先生がおすすめする「治療薬3点セット」(抗ヒスタミン薬、点鼻ステロイド薬、抗ロイコトリエン薬)についてお伝えします。

(2019年版)【花粉症薬】花粉症の鼻づまりに効く処方薬シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

(2019年版)【花粉症薬】花粉症の鼻づまりに効く処方薬シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

花粉症の4大症状のひとつ「鼻づまり」があると、よく眠れなかったり蓄膿症(副鼻腔炎)の原因にも。鼻づまりには病院でシングレア、キプレス、オノンがよく処方されます。鼻づまりを起こす物質ロイコトリエンをブロックする抗ロイコトリエン薬のシングレアやキプレス(成分モンテルカスト)、オノン(成分プランルカスト)についてご説明します。