fbpx

「 日本気象協会 」一覧

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

日本気象協会によると、4月21日(土)から一週間の花粉飛散は、全国的に「少なめ」。スギ花粉に続いて大量に飛散したヒノキ花粉もピークを越えたようです。ただし、山の標高の高いところのヒノキから今後も花粉が大量に飛散する可能性があります。花粉症の原因となるヒノキ花粉とスギ花粉のアレルゲン物質は構造が似ているため、ヒノキ花粉症の人だけでなくスギ花粉症の人も、もうしばらく花粉対策に気を配りましょう。

【花粉情報】あと10日で今年の花粉の本格シーズンは終了か?!4月14日~の週後半は花粉飛散がようやく控えめに

【花粉情報】あと10日で今年の花粉の本格シーズンは終了か?!4月14日~の週後半は花粉飛散がようやく控えめに

西日本から関東にかけてスギ花粉の飛散は収束を迎えています。例年にない猛威をふるったヒノキ花粉も全国的にピークを越え、2018年春の花粉シーズンは終盤戦となっている模様。ウェザーニュースは「スギ・ヒノキの本格的なシーズンはあと10日ほどで終了」と宣言! ここでは、4月14日~1週間のウェザーニュースの「スギ・ヒノキ花粉飛散予想」と、日本気象協会が発表した「今週の週間花粉情報」をご紹介します。

【花粉情報】4月7日からの1週間もヒノキ花粉に注意!雨の翌日の晴れた日はしっかり花粉症対策!

【花粉情報】4月7日からの1週間もヒノキ花粉に注意!雨の翌日の晴れた日はしっかり花粉症対策!

4月7日(土)からの1週間は周期的変化の多い天気となりそうです。スギ花粉はピークを過ぎていますが、ヒノキ花粉は例年以上に大量に飛散しています。スギとヒノキは似ています。特に雨の翌日の晴れた日には花粉症対策を怠らないようにしましょう。ここでは、日本気象協会の「今週の週間花粉情報」とウェザーニュースの「スギ・ヒノキ花粉飛散予想」や、雨の翌日になぜ花粉症がひどくなるのかなどをご説明します。

【花粉情報】今週4月1日~もヒノキの大量飛散が続きそう、週後半は桜を散らせる雨になる?

【花粉情報】今週4月1日~もヒノキの大量飛散が続きそう、週後半は桜を散らせる雨になる?

今週4 月1日(日)~の前半は暖かく晴れる日が続くものの、後半には満開を迎えた桜を散らせる雨のところが多くありそうです。西日本から関東では花粉のピークはスギからヒノキに移り、ヒノキが近年にないほど大量飛散しています。ここではウェザーニュースが発表した「週間天気予報」と日本気象協会の「週間花粉情報」をご説明します。

【花粉情報】今週3月25日~は全国的にスギ・ヒノキ花粉が多め、桜は見ごろに!

【花粉情報】今週3月25日~は全国的にスギ・ヒノキ花粉が多め、桜は見ごろに!

今週3月25日(日)~は4月中旬並みの春の陽気の日もあり、スギ・ヒノキ花粉飛散も、桜の開花も活発になりそうです。ここでは、日本気象協会とウェザーニュースが発表した「今週の花粉飛散予測」と、日本気象協会から説明された「桜前線」をご説明します。

【花粉情報】2018年春の花粉はいつまで?~ピークは西日本で3月下旬、東日本は4月上旬までか?

【花粉情報】2018年春の花粉はいつまで?~ピークは西日本で3月下旬、東日本は4月上旬までか?

「今年の花粉症はつらい」という声が多く聞こえますが、いつまで春の花粉シーズンが続くのか気になりますね。そこで今回は、日本気象協会とウェザーニュースが発表している2018年花粉飛散ピーク時期を比較しながら、今年の花粉ピークはいつ頃までかを検証します。

【花粉飛散予測第4報】関東一部、西日本など2018年春の花粉飛散スタート、最新飛散量予測も~日本気象協会、ウェザーニュース

【花粉飛散予測第4報】関東一部、西日本など2018年春の花粉飛散スタート、最新飛散量予測も~日本気象協会、ウェザーニュース

2月15日、日本気象協会が関東の一部や西日本などで2018年スギ花粉の飛散開始を発表。14日にはすでにウェザーニュースが神奈川県や埼玉県で飛散開始を発表。今年1月、2月には強い寒気や大雪があり全国的に飛散開始が遅れていましたが、今後は暖かい日も見込まれ他の地点でも花粉シーズン開始が見込まれます。日本気象協会は東京、東北などで昨年の2倍以上の飛散量になると予想しています。

【花粉情報】2018年春の花粉飛散情報の更新開始~tenki.jpと花粉Ch.

【花粉情報】2018年春の花粉飛散情報の更新開始~tenki.jpと花粉Ch.

日本気象協会の「tenki.jp」とウェザーニュースの「花粉Ch.」にて、2018年春の花粉情報の更新が開始されました。2社の花粉情報の概要や特徴についてご説明します。

【花粉飛散予測第3報】2018年春の花粉ピーク時期は全国的に例年並みも東京は長め

【花粉飛散予測第3報】2018年春の花粉ピーク時期は全国的に例年並みも東京は長め

日本気象協会が2018年各地のスギ・ヒノキ花粉の飛散ピーク予測を発表。今年の2月、3月の気温は北日本では平年並みか高く、東日本、西日本ではほぼ平年並みの予想のため、ピーク時期を早めるほどではなく、ピーク時期は例年並みの見込み。ただし東京は昨年よりも長く3月上旬から4月上旬までピークが続く見込みとしています。

【花粉】驚き!2018年春の花粉飛散予測が真逆に?!2つの花粉情報に違いが出る理由は?

【花粉】驚き!2018年春の花粉飛散予測が真逆に?!2つの花粉情報に違いが出る理由は?

スギやヒノキの花粉症に悩む人にとって来春の花粉飛散がどうなるのかは大きな関心事ですが、10月3日に発表された予測は、日本気象協会は昨年比「多め」、ウェザーニュースは「下回る」と真逆になっています。そこで今回は2つ気象予報機関の予測内容の違いや、なぜ真逆の予測結果になったのかその理由についてご説明します。