fbpx

第2世代抗ヒスタミン薬

【花粉症薬】子ども向け『アレジオン ドライシロップ」を自主回収、遺伝情報の変化を起こす可能性物質が限度を超えて検出

【花粉症薬】子ども向け『アレジオン ドライシロップ」を自主回収、遺伝情報の変化を起こす可能性物質が限度を超えて検出

2021年3月15日、主に子ども向けに処方される、花粉症などのアレルギー向け飲み薬「アレジオンドライシロップ1%(エ...

【2021年版】最新「花粉症対策グッズ」どれがおすすめ?花粉による鼻、目、皮膚、喉のお悩みに!

【2021年版】最新「花粉症対策グッズ」どれがおすすめ?花粉による鼻、目、皮膚、喉のお悩みに!

花粉シーズンを少しでもラクに過ごすには、ご自身に合った花粉症対策をとることです。国民病とも言われる花粉症だけに、多くの対策グッズや、...

市販の花粉症飲み薬、選び方やおすすめは?~強さ・眠気・服薬回数・価格で比較!

市販の花粉症飲み薬、選び方やおすすめは?~強さ・眠気・服薬回数・価格で比較!

病院でもらう処方薬と同じ成分が同量入っている、ドラッグストアの市販薬「スイッチOTC医薬品」を知っていると、何かと便利です。 ...

【花粉症薬】タリオンの市販薬、販売開始!どんな薬?どこで買える?効き目や眠気の比較は?

【花粉症薬】タリオンの市販薬、販売開始!どんな薬?どこで買える?効き目や眠気の比較は?

花粉症などの薬として病院で処方されてる「タリオン」が、2020年12月10日よりスイッチOTC医薬品「タリオンⓇAR」として販売開始...

花粉症の薬とは?~第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイド薬について

花粉症の薬とは?~第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイド薬について

花粉症の薬にはいくつかの種類があります。ヒスタミンの働きをブロックしたり、神経や血管への働きを抑えたり、アレルギー反応による炎症を和らげたりする薬です。 ここでは、花粉症の薬のうち、第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、鼻噴霧用ステロイド薬についてご説明します。

【花粉症市民講座】花粉症治療薬の主な種類や新薬誕生の舞台裏~ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

【花粉症市民講座】花粉症治療薬の主な種類や新薬誕生の舞台裏~ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

花粉症向けの新薬がここ数年でいくつか登場しました。花粉症の薬にはどんな種類があるのか、新薬を世に出すための安全性や有効性を確かめる試験はどのように行われるのか、ふたばクリニック 橋口一弘院長が「第6回花粉症市民講座」で講演されました。ここではその概要をレポートします!

【花粉症薬2選】人気の市販薬、アレグラFX(フェキソフェナジン60㎎)とアレジオン20(エピナスチン20㎎)を比較してみた!

【花粉症薬2選】人気の市販薬、アレグラFX(フェキソフェナジン60㎎)とアレジオン20(エピナスチン20㎎)を比較してみた!

花粉症向の鼻炎薬でドラッグストアやインターネット通販でも買える人気商品といえば「アレグラFX」と「アレジオン20」。どちらも医療用医薬品(処方薬)と同じタイプで、後発医薬品(ジェネリック医薬品)もでています。ここでは2つの市販薬の特徴や価格を比較してご紹介します!

【花粉症薬】価格が安め!市販の飲み薬『アレルビ』のタイプ、服用回数、同じ成分の処方薬や市販薬の有無、価格など

【花粉症薬】価格が安め!市販の飲み薬『アレルビ』のタイプ、服用回数、同じ成分の処方薬や市販薬の有無、価格など

「アレルビ」は花粉症などのアレルギー性鼻炎向けに使用される市販の飲み薬です。「アレグラFX」と同じ成分?Amazonでの価格が安い?ここではアレルビのタイプ、飲む量や回数、同じ成分の処方薬や市販薬の有無、価格、小児用商品などをご紹介します。

【花粉症薬】市販の飲み薬『クラリチンEX』のタイプ、服用回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格など

【花粉症薬】市販の飲み薬『クラリチンEX』のタイプ、服用回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格など

「クラリチンEX」は第2世代抗ヒスタミン薬と呼ばれる花粉症などのアレルギー性鼻炎向けの市販飲み薬です。ここではクラリチンEXのタイプ、飲む量や回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格、小児用商品の有無などをご説明します。

花粉症の早めの対策「初期療法」は花粉症治療の基本です!~日医大・大久保公裕教授が解説

花粉症の早めの対策「初期療法」は花粉症治療の基本です!~日医大・大久保公裕教授が解説

花粉症には早めの対策「初期療法」が治療の基本です。初期療法にはどのような薬を用いて、いつから始めるべきなのか、期待できる効果とは、また、沢山ある第2世代抗ヒスタミン薬のタイプの違いなど、日本医科大学 大久保公裕教授にわかりやすく解説していただきました。