fbpx

「 花粉症治療薬 」一覧

【花粉症薬】人気のクラリチンEXとはどういう鼻炎薬?新製品クラリチンEX OD錠の特徴は?

【花粉症薬】人気のクラリチンEXとはどういう鼻炎薬?新製品クラリチンEX OD錠の特徴は?

人気の市販アレルギー鼻炎薬のひとつが「クラリチンEX」。井川遥さんでおなじみです。その「クラリチンEX」と主成分が同じで、水なしで素早く溶けて飲みやすい「クラリチンEX OD錠」が2017年9月19日に発売されました。そこで今回は、「クラリチンEX」、「クラリチンEX OD錠」がどのような薬なのかその特徴をわかりやすくお伝えします。

【花粉症症状】秋は咳にも注意。花粉症と風邪との見分け方や治療薬の選び方

【花粉症症状】秋は咳にも注意。花粉症と風邪との見分け方や治療薬の選び方

秋の花粉症では咳がでたり、喉がイガイガする症状を訴える人が少なくありません。春の花粉症シーズンほど秋の花粉症に対する社会的認知が広まっておらず、咳や喉の症状を風邪と間違えていることもあるようです。 そこで今回は秋の花粉症の原因、症状の特徴、風邪との見分け方、治療薬や対処方法などについて詳しくご紹介します。

【果物花粉アレルギー解説】スギ・ヒノキ花粉症にも関係する?『西洋ヒノキ花粉症とモモ・柑橘類アレルギーの共通アレルゲン、世界で初めて解明』

【果物花粉アレルギー解説】スギ・ヒノキ花粉症にも関係する?『西洋ヒノキ花粉症とモモ・柑橘類アレルギーの共通アレルゲン、世界で初めて解明』

北海道大学の相沢准教授らは、欧州で問題となっている西洋ヒノキの花粉症とモモや柑橘類を食べると発症する口腔アレルギーの共通アレルゲンのペプチドを世界で初めて発見しました。このペプチド、植物界全体に広く存在するものらしく、西洋ヒノキに近い種の日本のスギ・ヒノキ花粉症にも関係するかもしれません。

【内服薬2選】アレグラと小青竜湯で真夏の花粉症をのりきる!8月10日「今日のつぶやき」

【内服薬2選】アレグラと小青竜湯で真夏の花粉症をのりきる!8月10日「今日のつぶやき」

8月10日(木)「今日のつぶやき」はみふゆ(三冬)さんの「真夏の花粉症」のつぶやき。みふゆさんはイネ科の花粉症のようで、鼻水がとまりません。そこでアレグラと漢方の小青竜湯を飲んでいます。アレグラと小青竜湯はどんな薬なのでしょうか、調べてみました。

【抗ヒスタミン薬】インパルス堤下さんがアレルギー治療薬で車中で意識がもうろう。「とくダネ!」小倉氏は「車を運転する時は花粉症治療薬を飲まない」

【抗ヒスタミン薬】インパルス堤下さんがアレルギー治療薬で車中で意識がもうろう。「とくダネ!」小倉氏は「車を運転する時は花粉症治療薬を飲まない」

お笑いコンビ「インパルス」堤下さんがアレルギー治療薬などが原因で車中で意識がもうろうとした事件に、フジテレビ系「とくダネ!」小倉キャスターは車を運転する時は花粉症治療薬を飲まないようにしているとコメントしました。花粉症などのアレルギー疾患に多く利用される抗ヒスタミン薬は速攻的効果がある一方、眠くなるという欠点も。