fbpx

「 花粉症薬 」一覧

スギ花粉症の舌下免疫療法に新薬シダキュア舌下錠が登場!シダキュアとシダトレンの違いは?~ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック・永倉仁史院長が解説!

スギ花粉症の舌下免疫療法に新薬シダキュア舌下錠が登場!シダキュアとシダトレンの違いは?~ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック・永倉仁史院長が解説!

スギ花粉症の根治や緩和が期待できる舌下免疫療法に、錠剤の新薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」が2018年6月29日に発売されました。アレルギー専門医としてスギ花粉やダニの免疫療法を多数手がける「ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック」の永倉仁史院長に、「患者さんからみたシダキュアのメリットや液剤シダトレンとの違い」「免疫療法で舌の下に薬を置く理由」「舌下免疫療法の患者さんが感じる治療効果」などについて、やさしく解説していただきました。

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

花粉症などのアレルギー性鼻炎には「治療薬3点セット」が効く~相模原病院・谷口正実先生が解説

国立病院機構相模原病院でアレルギー治療の最前線に立たれている谷口正実・臨床研究センター長に、前回(Part1)は、アレルギー治療の第一歩、原因物質を突き止める「アレルギー検査」について解説していただきました。今回(Part2)は、すでに起こってしまった花粉症などのアレルギー性鼻炎症状を鎮めるために、谷口先生がおすすめする「治療薬3点セット」(抗ヒスタミン薬、点鼻ステロイド薬、抗ロイコトリエン薬)についてお伝えします。

花粉症・鼻アレルギー向け「点鼻ステロイド薬」の違いや特徴~小児には?市販薬は?(アラミスト、ナゾネックス、エリザス等)

花粉症・鼻アレルギー向け「点鼻ステロイド薬」の違いや特徴~小児には?市販薬は?(アラミスト、ナゾネックス、エリザス等)

点鼻ステロイド薬(鼻噴霧用ステロイド薬ともいう。点鼻薬は鼻スプレーともよばれる)は、「鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版(改定第8版)」で新たに花粉症の初期療法の一つとなり、花粉症などの治療で処方が増えています。ここでは代表的な医療用医薬品(処方薬)の点鼻ステロイド薬の違いや特徴、小児への適応をご説明し、またドラッグストアで手に入る市販の点鼻ステロイド薬をご紹介します。

ダニアレルギー性鼻炎向け舌下免疫療法とは?小児アレルギーは免疫療法で予防になる?~日医大・松根彰志教授がやさしく解説

ダニアレルギー性鼻炎向け舌下免疫療法とは?小児アレルギーは免疫療法で予防になる?~日医大・松根彰志教授がやさしく解説

『名医が教える!花粉症の治し方』第2回は、6月29日の「シダキュア スギ花粉舌下錠」新発売に合わせて『舌下免疫療法』がテーマ。ここでは、スギ花粉の次に原因となるダニのアレルギー性鼻炎向け舌下免疫療法とはどんな治療法か、なぜ小児アレルギーには舌下免疫療法がすすめられるのかなど、日本医科大学・松根彰志教授がわかりやすく解説します!

アレルゲン免疫療法とは?舌下免疫療法と皮下免疫療法の違いは?~日医大・松根彰志教授がやさしく解説

アレルゲン免疫療法とは?舌下免疫療法と皮下免疫療法の違いは?~日医大・松根彰志教授がやさしく解説

『名医が教える!花粉症の治し方』第2回は、6月29日の「シダキュア スギ花粉舌下錠」発売に合わせて『スギ花粉症の舌下免疫療法』がテーマ。舌下免疫療法は根治が期待できる数少ない花粉症の治療法です。ここでは舌下法もそのひとつであるアレルゲン免疫療法とは何か、また、舌下免疫療法と皮下免疫療法の違いについて、日本医科大学・松根彰志教授がわかりやすく解説します!

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬『シダキュア スギ花粉舌下錠』とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬『シダキュア スギ花粉舌下錠』とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会との共同連載『名医が教える!花粉症の治し方』第2回は、6月29日に新薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」が発売になる『スギ花粉症の舌下免疫療法』がテーマ。舌下免疫療法は根治が期待できる数少ない花粉症の治療法です。その新薬シダキュア スギ花粉舌下錠の特徴や、スギ花粉症向け舌下免疫療法のよくある質問について、日本医科大学・松根彰志教授がわかりやすく解説します!

成人も小児も使用可!スギ花粉症向け舌下免疫療法の新薬「シダキュア舌下錠」、6月29日販売開始!

成人も小児も使用可!スギ花粉症向け舌下免疫療法の新薬「シダキュア舌下錠」、6月29日販売開始!

スギ花粉症のアレルゲン免疫療法薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」が2018 年 6 月29日より販売開始に!シダキュアは国内で初めて成人および小児等において使用可能となった速溶性の舌下錠(舌の下に入れる錠剤)です。花粉症は抗ヒスタミン薬などで症状を鎮める対症療法が中心ですが、舌下免疫療法は花粉症の根治や軽減を期待できる数少ない治療法のひとつです。

【花粉症薬】花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼って治すテープ剤「アレサガテープ」発売!サロンパスの久光製薬から

【花粉症薬】花粉症などのアレルギー性鼻炎に貼って治すテープ剤「アレサガテープ」発売!サロンパスの久光製薬から

サロンパスでおなじみの久光製薬は、花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療用に皮膚に張るテープ剤「アレサガテープ」(医療用医薬品、経皮吸収型テープ)を2018年4月24日から発売しました。 ここでは、アレサガテープとはどういう薬なのか、同じ成分(エメダスチン)の経口薬レミカット(との違いをご説明します。

「シダキュア」スギ花粉症舌下錠が6月下旬より発売決定!錠剤で12歳未満の小児も舌下免疫療法が可能に!

「シダキュア」スギ花粉症舌下錠が6月下旬より発売決定!錠剤で12歳未満の小児も舌下免疫療法が可能に!

スギ花粉症のアレルゲン免疫療法薬「シダキュア・スギ花粉舌下錠」が2018 年 6 月下旬(予定)より販売開始に!シダキュアによって12歳未満の小児も舌下免疫療法によるスギ花粉症治療が可能になります。花粉症は抗ヒスタミン薬などで症状を鎮める対症療法が中心ですが、舌下免疫療法は花粉症の根治や軽減を期待できる数少ない治療法のひとつ。ここでは、舌下免疫療法のしくみや、シダキュアの概要、液状タイプのシダトレンと違いなどをご説明します。

花粉症でお花見するには?~花粉症飲み薬とお酒は併用可?おすすめ花粉対策は?

花粉症でお花見するには?~花粉症飲み薬とお酒は併用可?おすすめ花粉対策は?

桜が咲く頃になってきました。しかし花粉症にお悩みの人にとってお花見は悩ましいところです。症状がひどい方は花粉飛散が多い日にはできるだけ外出を控える方が望ましいですが、症状が軽めの方は年に一度のお花見を楽しみたいですよね。そこでここでは、花粉症の方がお花見をするときの注意点について整理してみました。