「 花粉症 」一覧

紫外線だけでなく花粉やPM2.5、黄砂が原因で肌にシミができる!メナードがメカニズムを解明

紫外線だけでなく花粉やPM2.5、黄砂が原因で肌にシミができる!メナードがメカニズムを解明

花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが一般的。しかし、花粉が原因でカラダに起こるトラブルはそれだけではありません。特に女性は気になる「お肌のシミ」にも関係していることが、日本メナード化粧品の研究で明らかになりました。ここではシミができるメカニズムや、紫外線だけでなく花粉、黄砂、PM2.5などの大気汚染物質がシミ形成に及ぼす影響ついてご説明します。

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

日本気象協会によると、4月21日(土)から一週間の花粉飛散は、全国的に「少なめ」。スギ花粉に続いて大量に飛散したヒノキ花粉もピークを越えたようです。ただし、山の標高の高いところのヒノキから今後も花粉が大量に飛散する可能性があります。花粉症の原因となるヒノキ花粉とスギ花粉のアレルゲン物質は構造が似ているため、ヒノキ花粉症の人だけでなくスギ花粉症の人も、もうしばらく花粉対策に気を配りましょう。

「シダキュア」スギ花粉症舌下錠が6月下旬より発売決定!錠剤で12歳未満の小児も舌下免疫療法が可能に!

「シダキュア」スギ花粉症舌下錠が6月下旬より発売決定!錠剤で12歳未満の小児も舌下免疫療法が可能に!

スギ花粉症のアレルゲン免疫療法薬「シダキュア・スギ花粉舌下錠」が2018 年 6 月下旬(予定)より販売開始に!シダキュアによって12歳未満の小児も舌下免疫療法によるスギ花粉症治療が可能になります。花粉症は抗ヒスタミン薬などで症状を鎮める対症療法が中心ですが、舌下免疫療法は花粉症の根治や軽減を期待できる数少ない治療法のひとつ。ここでは、舌下免疫療法のしくみや、シダキュアの概要、液状タイプのシダトレンと違いなどをご説明します。

羽生結弦選手も使った高機能オーダーマスク「ピッタリッチ」は花粉シーズンに活躍した?!《使用レポ》

羽生結弦選手も使った高機能オーダーマスク「ピッタリッチ」は花粉シーズンに活躍した?!《使用レポ》

花粉症クエストのYASUです。『日の丸Pittarich(ピッタリッチ)』といえば羽生結弦選手が使用したことで有名になり、平昌オリンピックでは日本スケート連盟オフィシャルサプライヤーにもなりました。昨年僕もオリジナルのピッタリッチをオーダーメイドしましたが、いよいよ花粉シーズンが到来!ここではその使用感想をレポートします!

ヒノキ花粉の実態やヒノキ花粉症の原因物質アレルゲンとは?《埼玉大・王青躍研究室大学院生・五島孝浩さんインタビュー》

ヒノキ花粉の実態やヒノキ花粉症の原因物質アレルゲンとは?《埼玉大・王青躍研究室大学院生・五島孝浩さんインタビュー》

春の花粉症はスギだけでなくヒノキ花粉も原因です。スギより少し遅れて飛散が開始するヒノキ花粉ですが, 今年はここ数年にないほど大量飛散しました。ヒノキとはどんな植物で、ヒノキ花粉症はどんな特徴があるのでしょう?ここでは、埼玉大学大学院でヒノキ花粉と大気環境の影響などの研究を行っている五島孝浩さんに、ヒノキ花粉やそのアレルゲンの特徴、研究の抱負などについてお話を伺いました。

池上彰のニュースそうだったのか!スギが少ない都会に花粉症の人が多いのはなぜ?コンクリート?大気汚染?

池上彰のニュースそうだったのか!スギが少ない都会に花粉症の人が多いのはなぜ?コンクリート?大気汚染?

池上彰氏が話題のニュースを分かりやすく解説するテレビ朝日「池上彰のニュースそうだったのか!」で2018年4月14日に取り上げられた「花粉症」。45年間も花粉症に悩んでいる池上さんが田舎よりも都会に多い実態について、その背景や原因を説明します。コンクリートで花粉をあびる機会が増える?大気汚染で花粉が破裂すると肺の病気に?

【花粉情報】あと10日で今年の花粉の本格シーズンは終了か?!4月14日~の週後半は花粉飛散がようやく控えめに

【花粉情報】あと10日で今年の花粉の本格シーズンは終了か?!4月14日~の週後半は花粉飛散がようやく控えめに

西日本から関東にかけてスギ花粉の飛散は収束を迎えています。例年にない猛威をふるったヒノキ花粉も全国的にピークを越え、2018年春の花粉シーズンは終盤戦となっている模様。ウェザーニュースは「スギ・ヒノキの本格的なシーズンはあと10日ほどで終了」と宣言! ここでは、4月14日~1週間のウェザーニュースの「スギ・ヒノキ花粉飛散予想」と、日本気象協会が発表した「今週の週間花粉情報」をご紹介します。

花粉が爆発?!大気中の花粉アレルゲン実態究明で花粉症問題に取り組む~埼玉大・王青躍教授インタビュー

花粉が爆発?!大気中の花粉アレルゲン実態究明で花粉症問題に取り組む~埼玉大・王青躍教授インタビュー

「花粉爆発」理論が多数のテレビ番組などで取り上げられている、花粉研究第一人者・埼玉大学大学院教授の王青躍先生。王先生は大気中に花粉症の原因物質アレルゲンが花粉から放出されていることを発見し、花粉アレルゲンとPM2.5 といった大気環境との関係性を解明することで問題究明に取り組んでいます。王先生に花粉爆発メカニズムや花粉計測方法、中国などの新興国の花粉症問題についてお話を伺いました。

2018年度「スギ花粉米」研究目的の提供先を募集~お米を食べて花粉症対策~

2018年度「スギ花粉米」研究目的の提供先を募集~お米を食べて花粉症対策~

農研機構は2018年4月12日、食べてスギ花粉症の緩和や予防を期待できる「スギ花粉米」を研究用試料として民間企業や大学、研究機関に提供するための公募説明会を実施しました。ここではスギ花粉米の概要や今回の募集内容についてご説明します。

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!

「今年の花粉症は目がかゆい」という声を耳にします。スギ花粉に加えてヒノキ花粉がここ数年にないほど大量に飛散していることが一因と考えられますが、「ドライアイ」が影響していることも?!順天堂大学の研究でドライアイの患者数がこれまでの診断より実際には33%も多かったことが判明。ここではドライアイとは何か、国民病といわれるドライアイと花粉症による目の症状の関係性、対策法やおすすめグッズについてお伝えします。