fbpx

「 花粉飛散情報 」一覧

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月18日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月18日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月18日の花粉飛散状況は少なめ。花粉自動観測器で計測した平均花粉濃度も7.4個/m³と低めの数値でした。18日朝、関西地方で大きい地震がありました。被害に合われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月17日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月17日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月17日の花粉飛散状況は少なめ。花粉自動観測器で計測した平均花粉濃度も5.5個/m³と低めの数値でした。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月16日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月16日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月16日の花粉飛散状況は少なめ。花粉濃度も3.6個/m³と低めの数値でした。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月15日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月15日情報》~花粉少なめ

【6月16日更新】花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月15日の花粉飛散状況は少なめ。花粉濃度が2.4個/m³と少なめな数値でした。

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月14日情報》~花粉少なめ

花粉症の原因となる『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』《6月14日情報》~花粉少なめ

花粉症クエストは埼玉大学・王青躍研究室の花粉飛散測定に協力して東京都内の花粉症の原因となる花粉飛散情報をほぼ毎日更新!この時期は主にイネ科、マツ属、コナラ属の花粉症です。6月14日の花粉飛散状況は少なめ。花粉濃度が8.5個/m³と平均的数値でした。

今は何の花粉症?『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』で花粉症の原因をチェック!

今は何の花粉症?『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』で花粉症の原因をチェック!

花粉症クエスト」は、埼玉大学大学院・王青躍研究室が行う花粉飛散測定に協力し『東京都内の花粉飛散情報 by 埼玉大学』の更新情報を毎日配信します。夏の花粉症(イネ科など)や秋の花粉症(ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど)に悩む方は増加しています。春の花粉シーズンでもないのに鼻水や目のかゆみなど花粉症の症状が起こっていたり、咳・かゆい・だるいなど体調がすぐれない方に、原因を探るきっかけや参考にしていただけます。ここでは、当花粉飛散情報の測定方法(自動花粉計測器KH3000やダーラム法など)の概要についてご説明します。

【花粉情報】5月,6月の花粉症は何の花粉?イネ科?症状の特徴や対策法は?

【花粉情報】5月,6月の花粉症は何の花粉?イネ科?症状の特徴や対策法は?

5月はスギやヒノキの花粉もわずかに飛散しますが、この時期に花粉を多く飛ばし始めるのがカモガヤ、ハルガヤ、ライグラス、ホソムギとったイネ科の植物です。ここではイネ科をはじめスギ、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、コナラといった5月6月の花粉症の原因となる植物の地方別の花粉飛散情報や、「夏の花粉症」であるイネ科花粉症とは何か、症状の特徴や対策法についてご説明します。

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

日本気象協会によると、4月21日(土)から一週間の花粉飛散は、全国的に「少なめ」。スギ花粉に続いて大量に飛散したヒノキ花粉もピークを越えたようです。ただし、山の標高の高いところのヒノキから今後も花粉が大量に飛散する可能性があります。花粉症の原因となるヒノキ花粉とスギ花粉のアレルゲン物質は構造が似ているため、ヒノキ花粉症の人だけでなくスギ花粉症の人も、もうしばらく花粉対策に気を配りましょう。

【花粉情報】あと10日で今年の花粉の本格シーズンは終了か?!4月14日~の週後半は花粉飛散がようやく控えめに

【花粉情報】あと10日で今年の花粉の本格シーズンは終了か?!4月14日~の週後半は花粉飛散がようやく控えめに

西日本から関東にかけてスギ花粉の飛散は収束を迎えています。例年にない猛威をふるったヒノキ花粉も全国的にピークを越え、2018年春の花粉シーズンは終盤戦となっている模様。ウェザーニュースは「スギ・ヒノキの本格的なシーズンはあと10日ほどで終了」と宣言! ここでは、4月14日~1週間のウェザーニュースの「スギ・ヒノキ花粉飛散予想」と、日本気象協会が発表した「今週の週間花粉情報」をご紹介します。

【花粉情報】4月7日からの1週間もヒノキ花粉に注意!雨の翌日の晴れた日はしっかり花粉症対策!

【花粉情報】4月7日からの1週間もヒノキ花粉に注意!雨の翌日の晴れた日はしっかり花粉症対策!

4月7日(土)からの1週間は周期的変化の多い天気となりそうです。スギ花粉はピークを過ぎていますが、ヒノキ花粉は例年以上に大量に飛散しています。スギとヒノキは似ています。特に雨の翌日の晴れた日には花粉症対策を怠らないようにしましょう。ここでは、日本気象協会の「今週の週間花粉情報」とウェザーニュースの「スギ・ヒノキ花粉飛散予想」や、雨の翌日になぜ花粉症がひどくなるのかなどをご説明します。