「 花粉 」一覧

紫外線だけでなく花粉やPM2.5、黄砂が原因で肌にシミができる!メナードがメカニズムを解明

紫外線だけでなく花粉やPM2.5、黄砂が原因で肌にシミができる!メナードがメカニズムを解明

花粉症の症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが一般的。しかし、花粉が原因でカラダに起こるトラブルはそれだけではありません。特に女性は気になる「お肌のシミ」にも関係していることが、日本メナード化粧品の研究で明らかになりました。ここではシミができるメカニズムや、紫外線だけでなく花粉、黄砂、PM2.5などの大気汚染物質がシミ形成に及ぼす影響ついてご説明します。

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

【花粉情報】4月21日から1週間の花粉情報~花粉は少なめも暑い日にはヒノキに注意

日本気象協会によると、4月21日(土)から一週間の花粉飛散は、全国的に「少なめ」。スギ花粉に続いて大量に飛散したヒノキ花粉もピークを越えたようです。ただし、山の標高の高いところのヒノキから今後も花粉が大量に飛散する可能性があります。花粉症の原因となるヒノキ花粉とスギ花粉のアレルゲン物質は構造が似ているため、ヒノキ花粉症の人だけでなくスギ花粉症の人も、もうしばらく花粉対策に気を配りましょう。

ヒノキ花粉の実態やヒノキ花粉症の原因物質アレルゲンとは?《埼玉大・王青躍研究室大学院生・五島孝浩さんインタビュー》

ヒノキ花粉の実態やヒノキ花粉症の原因物質アレルゲンとは?《埼玉大・王青躍研究室大学院生・五島孝浩さんインタビュー》

春の花粉症はスギだけでなくヒノキ花粉も原因です。スギより少し遅れて飛散が開始するヒノキ花粉ですが, 今年はここ数年にないほど大量飛散しました。ヒノキとはどんな植物で、ヒノキ花粉症はどんな特徴があるのでしょう?ここでは、埼玉大学大学院でヒノキ花粉と大気環境の影響などの研究を行っている五島孝浩さんに、ヒノキ花粉やそのアレルゲンの特徴、研究の抱負などについてお話を伺いました。

花粉が爆発?!大気中の花粉アレルゲン実態究明で花粉症問題に取り組む~埼玉大・王青躍教授インタビュー

花粉が爆発?!大気中の花粉アレルゲン実態究明で花粉症問題に取り組む~埼玉大・王青躍教授インタビュー

「花粉爆発」理論が多数のテレビ番組などで取り上げられている、花粉研究第一人者・埼玉大学大学院教授の王青躍先生。王先生は大気中に花粉症の原因物質アレルゲンが花粉から放出されていることを発見し、花粉アレルゲンとPM2.5 といった大気環境との関係性を解明することで問題究明に取り組んでいます。王先生に花粉爆発メカニズムや花粉計測方法、中国などの新興国の花粉症問題についてお話を伺いました。

【驚愕】とくダネで「ヒノキ花粉が去年の428倍」と報道!PM2.5も大量飛来!ヒノキ花粉はいつまで?症状は?

【驚愕】とくダネで「ヒノキ花粉が去年の428倍」と報道!PM2.5も大量飛来!ヒノキ花粉はいつまで?症状は?

2018年4月4日放送のフジテレビ系列「とくダネ」で、ヒノキ花粉飛散数が昨年の428倍であることが報道され、ネットで衝撃が広がっています。加えて、中国からPM2.5 も大量に飛来。ヒノキ花粉はいつまで?PM2.5とは?花粉症の症状はPM2.5から影響受ける?

花粉情報の向上に期待!花粉固有の化学物質で花粉飛散の種類と量のモニタリングが可能に~熊本大

花粉情報の向上に期待!花粉固有の化学物質で花粉飛散の種類と量のモニタリングが可能に~熊本大

熊本大学大学院の戸田敬教授らは花粉固有の化学物質を特定することで花粉飛散の種類と量を化学的に検知することに成功したと発表しました。ダーラム法など人の眼に頼る観測法の労力負担や、リアルタイム自動花粉計測器で花粉の種類を識別できない課題などを解決できる新しい花粉飛散モニタリング手法になるのではと研究の実用化が期待されます。

【花粉症症状・原因】雨で花粉症がひどくなる?喉のイガイガ、痛み、咳がでるのはなぜ?

【花粉症症状・原因】雨で花粉症がひどくなる?喉のイガイガ、痛み、咳がでるのはなぜ?

雨の日やその翌日に花粉症の症状がひどくなる傾向があります。一般的に花粉症といえば鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみが中心ですが、雨の日には喉のかゆみや痛み、咳などが起こることが多くありませんか。ここでは雨が与える花粉への影響や雨の日の花粉症の症状の特徴、その対策法などをご説明します。

【花粉情報】2018年春の花粉はいつまで?~ピークは西日本で3月下旬、東日本は4月上旬までか?

【花粉情報】2018年春の花粉はいつまで?~ピークは西日本で3月下旬、東日本は4月上旬までか?

「今年の花粉症はつらい」という声が多く聞こえますが、いつまで春の花粉シーズンが続くのか気になりますね。そこで今回は、日本気象協会とウェザーニュースが発表している2018年花粉飛散ピーク時期を比較しながら、今年の花粉ピークはいつ頃までかを検証します。

【花粉情報】今週3月11日~は花粉が非常に多め!しっかり花粉対策を!

【花粉情報】今週3月11日~は花粉が非常に多め!しっかり花粉対策を!

3月中旬を迎え、スギ・ヒノキ花粉飛散がピークです。2018年3月11日(日)から1週間は「花粉が非常に多め」の予想日が多くみられます。花粉症の方は対策を万全に行ってください!

【花粉症対策】花粉が付きにくい衣類の素材や組み合わせのコツとは?静電気予防スプレーが効く?

【花粉症対策】花粉が付きにくい衣類の素材や組み合わせのコツとは?静電気予防スプレーが効く?

花粉対策には花粉を寄せつけないことが一番。マスク、メガネ、帽子だけでなく、衣類にも注意を払いたいもの。そのコツは素材と組み合わせ!花粉がつきにくい衣類の選び方をご紹介します。静電気防止スプレーもおすすめですよ。