「 蓄膿症 」一覧

高齢者も花粉症になる傾向、子供の感染症に有効な治療法は花粉症薬!?~日医大・松根教授に聞く

高齢者も花粉症になる傾向、子供の感染症に有効な治療法は花粉症薬!?~日医大・松根教授に聞く

耳鼻咽喉科学の研究と臨床の第一線でご活躍する日本医科大学・松根彰志教授はNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の事務局長として2月25日に開催される第5回花粉症市民講座に登壇されます。セミナーに先立ち、高齢者や子供の花粉症や蓄膿症の最近の傾向や花粉症薬を用いた効果的な治療法などのお話を伺いました。(インタビュー)

【花粉症薬】花粉症の鼻づまりに効く処方薬シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

【花粉症薬】花粉症の鼻づまりに効く処方薬シングレア・キプレス(モンテルカスト)とオノン(プランルカスト)とは

花粉症の4大症状のひとつ「鼻づまり」があると、よく眠れなかったり蓄膿症(副鼻腔炎)の原因にも。鼻づまりには病院でシングレア、キプレス、オノンがよく処方されます。鼻づまりを起こす物質ロイコトリエンや、抗ロイコトリエン薬のシングレアやキプレス(成分モンテルカスト)、オノン(成分プランルカスト)についてご説明します。

花粉症と併発しやすい副鼻腔炎(蓄膿症)とは?~花粉シーズン向けの市販副鼻腔炎薬がでた!

花粉症と併発しやすい副鼻腔炎(蓄膿症)とは?~花粉シーズン向けの市販副鼻腔炎薬がでた!

花粉シーズンの副鼻腔炎の改善に着目した市販薬『ロートアルガード鼻炎内服薬ゴールドZ』が2017年12月20日から発売になりましたが、花粉症患者の増加とともに花粉が原因で起こる副鼻腔炎が増えているようです。そこで今回は、副鼻腔炎の症状や原因、対策法についてご紹介します。