fbpx

風邪

市販の風邪薬には花粉症薬の抗ヒスタミン成分が入っている⁉

市販の風邪薬には花粉症薬の抗ヒスタミン成分が入っている⁉

総合感冒薬、いわゆる風邪薬の中には花粉症薬に含まれる抗ヒスタミン成分が入っていることがあります。風邪薬と花粉症薬をダブルで飲んでしまうと、副作用の眠気などが強く出てしまうことも! 風邪薬の中に配合されている抗ヒスタミン薬がどのようなものか、確認してみましょう。

寒暖差の激しいウィークに。この鼻水は花粉症、風邪それとも寒暖差アレルギー?見分け方は?

寒暖差の激しいウィークに。この鼻水は花粉症、風邪それとも寒暖差アレルギー?見分け方は?

ウェザーニュースによると、今週前半は平年より気温が上がらず寒い日が続き、週後半になるとポカポカ陽気に。寒暖差が激しく体調を崩しがちに。鼻水やくしゃみの原因が花粉なのか、風邪、はたまた寒暖差アレルギーなのか迷うことになりそうです。その見分け方は?

アレルギー検査で鼻水の原因を突き止める!種類や費用、子ども用は?~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック・金井憲一院長がやさしく解説

アレルギー検査で鼻水の原因を突き止める!種類や費用、子ども用は?~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック・金井憲一院長がやさしく解説

鼻水が出たり咳が止まらないとき、何が原因かを悩むことがあります。そんなときは病院でアレルギー検査をして症状の原因を突き止めることが大切です。原因がわかれば、きちんと予防したり治療方針を立てることができるからです。そこで、花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の共同連載「名医が教える!花粉症の治し方」では、NPOの理事であり、こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長の金井憲一先生に、アレルギー検査の種類や内容、費用、子ども向けのアレルギー検査などを解説していただきました。

秋の花粉症とは《後編:風邪やダニアレルギーとの見分け方・治療法》ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

秋の花粉症とは《後編:風邪やダニアレルギーとの見分け方・治療法》ふたばクリニック・橋口一弘院長が解説!

この時期に、体調がすぐれない、鼻水が出る、喉がかゆいなどの原因のひとつが「秋の花粉症」。秋はブタクサ、ヨモギ、イネ科など花粉症の原因となる複数の花粉が飛散し、何に反応しているのかわかりにくく、季節の変わり目で風邪の症状と間違えることもあるので、自分が花粉症と気づかない人も少なくないようです。そこで花粉症クエストとNPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の共同連載『名医が教える!花粉症の治し方』では、ふたばクリニック・橋口一弘院長に秋の花粉症について解説していただきました。ここでは後編として「風邪やダニアレルギー、寒暖差アレルギーとの見分け方・治療法・予防や対策法」についての橋口先生のお話をご紹介します。

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

【花粉症症状】原因はアレルギー?風邪?寒暖差?夏の鼻水の見分け方や対策法とは~こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長・金井憲一先生が解説

猛暑で夏バテになり、鼻水が出る、咳がとまらない、などの症状を訴える人が多くいます。しかし、その原因が夏風邪なのか、花粉症やダニなどのアレルギー性鼻炎なのか、寒暖差によるものなのか、迷うことも少なくありません。そこで、連載『名医が教える!花粉症の治し方』では、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会の理事で、こすぎ耳鼻咽喉科クリニック院長の金井憲一先生に、この時期の「鼻水の種類の見分け方や対策法」や「風邪薬と花粉症薬の併用可否」について、わかりやすく解説していただきました。

浅田真央でおなじみ風邪薬「ストナ」は花粉症にも効く?風邪と花粉症の見分け方、薬の選び方とは

浅田真央でおなじみ風邪薬「ストナ」は花粉症にも効く?風邪と花粉症の見分け方、薬の選び方とは

浅田真央さんがキャラクターの風邪薬「ストナシリーズ」の新CMのオンエアが始まりました。そこで今回は、風邪と花粉症の症状の違いや、風邪薬で花粉症にも効くの薬の選び方、風邪薬ストナシリーズの中で花粉症にも使えるタイプはどれかをご説明します。

花粉症と風邪の症状の違いは?花粉症に風邪薬は効く?花粉症薬と風邪薬の併用はOK?おすすめの風邪薬や花粉症薬は?

花粉症と風邪の症状の違いは?花粉症に風邪薬は効く?花粉症薬と風邪薬の併用はOK?おすすめの風邪薬や花粉症薬は?

花粉症と風邪の症状の違いや見分け方、花粉症と風邪が併発したときに風邪薬で花粉症の薬の代用が可能か、両方の薬を併用しても大丈夫か、おすすめの風邪薬や花粉症薬についてご説明します。