fbpx

「 名医が教える!花粉症の治し方 」一覧

「今年の花粉症は終わったと思ったらぶり返した」、「今年の症状は目がかゆい」といった声が多く聞こえた2018年スギ・ヒノキの花粉症シーズンは5月に入り終了を迎えました。

最近ではスギ、ヒノキが原因の春の花粉症だけでなく、夏はイネ科、秋はブタクサなどの草の花粉症を患う人も増えています。

しかし、季節性のアレルギー疾患である花粉症は、花粉のシーズンが終わるとつらかった症状のことはすっかり忘れられて放置されてしまうことが多い。そこに花粉症が治りにくい要因があります。

そこで、花粉症クエストとNPO法人「花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会」(http://hanamizu.jp)は共同で、花粉症治療の最前線でご活躍している医師の方々が、季節ごとの花粉症の症状やグッドタイミングな治療法について解説する連載「名医が教える!花粉症の治し方」をスタートします!

花粉症に悩む患者さんや花粉症を予防したいと考えている方々に治療や対策法の参考になる情報をあらゆる角度からお伝えしていきます。

連載第1回目は、舌下免疫療法など花粉症治療の第一人者、日本医科大学・大久保公裕教授が2018年春の花粉症シーズンの振り返りや、花粉症対策のための年間カレンダーについて解説します。