fbpx

【花粉症対策診断③室内編】室内の花粉対策レベルをチェックしよう!(15問)

花粉症対策診断 第三弾 室内編 正しい花粉対策できていますか?チェックしよう

~花粉症対策レベル診断コーナー~

あたなの花粉症対策レベルは?チェックしてみよう!

第三弾:室内編

花粉症対策に大切なことは、花粉をできるだけ避けることです。
そのためには、室内で正しい花粉対策を行う必要があります。
間違った知識で、効果の期待できない花粉症対策をしていませんか?
それでは、あなたの室内での花粉対策知識のレベルをテストしてみましょう!

➡診断第一弾「花粉編」はこちら~花粉のこと、知ってますか?【花粉症対策セルフチェック】花粉症対策に花粉知識セルフチェック

【花粉症対策診断①花粉編】花粉症対策にあなたの花粉知識レベルをチェック!(14問)

➡診断第二弾「外出編」はこちら~外出時にきちんと対策できていますか?花粉症対策診断 外出時に正しい花粉対策はできていますか?セルフチェックしましょう。

【花粉症対策診断②外出編】外出時の花粉症対策レベルをチェックしよう!(15問)

室内で正しく花粉対策できてますか?レベルをチェックしよう!

外出から戻ったら手や口、目を洗う方がいい
空気清浄機で床にある花粉や花粉アレルゲンを除去できる
寝具やソファーの花粉除去には掃除機をかけるのが効果的である
花粉や花粉アレルゲン除去に効果的な掃除機を選ぶ最重要ポイントは吸引力である
窓を開けるときにカーテンや網戸を用いることは花粉対策に全く効果がない
掃除機をかけると空中の花粉や花粉アレルゲンも除去できる
空気清浄機や掃除機は花粉より細かい微粒子に対応しているタイプを選ぶ。
テレビやパソコンにも花粉が着く
濡れタオルで髪や体、かばんなどを拭っても花粉除去に効果はない
花粉シーズンに外出時に着たコートやセーターはそのままタンスやクローゼットにしまってもよい
花粉シーズンに部屋の換気をする場合は日中より夜間に行う方がいい
床は掃除機だけでなくぞうきんで拭くとより効果的である
外出から室内に入るときにはハンディ掃除機で洋服やかばんなどをきれいにする方がいい
窓やドアを閉めきっていれば寝室に花粉は侵入しない
花粉症対策には室内の乾燥を予防する方がいい
室内で正しく花粉対策できてますか?レベルをチェックしよう!
You got {{userScore}} out of {{maxScore}} correct
{{title}}
{{image}}
{{content}}

診断の答えを確認して、室内で正しい花粉対策をしよう!

●室内での花粉対策の基本は花粉を中に入れないことです。特に花粉飛散が多いの日はできるだけ窓を開けるのは避ける方がいいでしょう。しかし、花粉シーズンでも空気の入れ替えを行いたいときもありますね。花粉の飛散が多いのは一般的には昼前後と日没後といわれています。これは、気温が上がって午前中にスギ林から飛び出した花粉が数時間後に都市部に到達するためと、上空に上がった花粉が日没後に地上に落下してくるためと考えられています。従って、

花粉シーズンに部屋の換気をする場合は日中より夜間に行う方がいい。

●また、窓を開けるときには、全開にせずに、カーテンやレースのカーテンを閉めることで、花粉の侵入を減らすことができます。

窓を開けるときにカーテンや網戸を用いることは花粉対策に効果がある。

➡お値段以上?ニトリと帝人が花粉ガードカーテン発売

【花粉症対策】この時期の花粉はカーテンでガード!~キャッチクリーンカーテン

●家の中で最も花粉がたまりやすいところは外気の侵入口である窓と玄関の周辺です。窓や玄関のまわりは特に気をつけて花粉対策が必要です。

外出から室内に入るときには、玄関の外で洋服やかばんを叩き、玄関ではハンディ掃除機で洋服やかばんについた花粉などを取り除くと効果的です。

外出から室内に入るときにはハンディ掃除機で洋服やかばんなどをきれいにする方がいい。

●ハンディ掃除機がないとにきには、髪や洋服、かばんなどの持ち物を濡れタオルで拭うと花粉などを拭きとることができます。

濡れタオルで髪や体、かばんなどを拭っても花粉除去に効果がある。

●帰宅時には直ちにシャワーを浴びて髪や顔、体についた花粉などを洗い流すことが一番ですが、それが難しいときには、顔、髪を濡れタオルで拭いたり、手洗い、口や目をすすぐとすっきりします。

外出から戻ったら手や口、目を洗う方がいい。

目を洗う際に水道水の塩素が気になったり、お化粧をしていて洗面台で洗いにくいときには、人工涙液を使用すると便利です。

➡アマゾンで人気の人工涙液

アマゾンで買う

【第3類医薬品】ソフトサンティア 5mL×4


●外出時に着ていた衣類の中でコートや背広、セーター、スカートなど毎回洗濯しないものは、そのままタンスやクローゼットにしまうと花粉が他の衣類に着いてしまいます。ハンディ掃除機などできれいにするか、一度着たけれどまだ洗わない物を掛けたり入れたりする「仮置き収納スペース」を作っておくと便利です。

花粉シーズンに外出時に着たコートやセーターはそのままタンスやクローゼットにしまわない方がいい。

●花粉は静電気で吸い寄せられます。静電気が発生しやすい場所には花粉が付着します。テレビやパソコンのモニターもまめに掃除しましょう。

テレビやパソコンにも花粉が着く。

●乾燥すると花粉が空中に舞い上がりやすくなります。また、乾燥で皮膚や粘膜の保護バリア機能が低下し、花粉アレルゲンなどの異物が体に侵入する原因にもなります。室内の乾燥対策には気をつけてください。

花粉症対策には室内の乾燥を予防する方がいい。

➡乾燥は大敵!

空気の乾燥が花粉症の原因に?

【花粉症原因】空気の乾燥が花粉症の原因に?~秋から冬の花粉症には皮膚の乾燥にも注意!

●室内に侵入した花粉や花粉アレルゲンは空中を舞っていたり、床や棚に落ちています。空中に飛んでいる花粉などは空気清浄機を用いて除去します。しかし床などに落ちている花粉は空気清浄機では吸い取ることができません。一方、掃除機は床の花粉などを除去できますが、空中に舞っている花粉などを除去することはできません。つまり、花粉対策には空気清浄機と掃除機の両方を活用する必要があります。

空気清浄機で床にある花粉や花粉アレルゲンを除去できない。

掃除機で空中の花粉や花粉アレルゲンは除去できない。

●花粉は飛散している間に破裂して花粉の表面や内側にある花粉症の原因物質であるアレルゲンが飛び散っていることがあります。アレルゲン物質は花粉より細かい微粒子です。室内にも花粉だけでなく花粉アレルゲンも侵入します。よって空気清浄機や掃除機を選ぶ際にはPM2.5のような花粉よりミクロの粒子に対応しているタイプを選ぶ方がいいでしょう。

空気清浄機や掃除機は花粉より細かい微粒子に対応しているタイプを選ぶ。

➡ハンディタイプにもなるおすすめの掃除機

花粉対策 おすすめのコードレス掃除機

【花粉症対策】室内の花粉を除去するコツは?花粉対策におすすめのコードレス掃除機はどれ?

●掃除機でゴミやホコリなどを吸い取るのは吸引力の強さに左右されますが、その時ゴミと一緒に空気も吸引します。その空気はフィルターできれいにされて掃除機から排気されますが、フィルターで微細な粒子を捕獲できないと、せっかく吸引した花粉アレルゲンが空気と一緒にまた室内に戻ってしまいます。

スギ花粉の大きさは一般的に30μmですが、花粉アレルゲンはそれよりもっと小さく、ときには他のPM2.5に付着していることもあります。花粉よりミクロな粒子に対応したフィルター付きの掃除機を選びましょう。

花粉や花粉アレルゲン除去に効果的な掃除機を選ぶ最重要ポイントは吸引力ではなくフィルターである。

●床や棚に落ちている花粉や花粉アレルゲンは掃除機で吸引しますが、掃除機をかけるとどうしても花粉やホコリが空中に舞い上がってしまいます。掃除機をかける前か後に(可能であれば両方)濡れ雑巾やモップで床をきれいにした後に掃除機をかけるとより効果的です。

床は掃除機だけでなくぞうきんで拭くとより効果的である。

●朝起きた時に特に花粉症がひどく感じられることは少なくありません。これは起きがけにくしゃみや鼻水が止まらなくなる「モーニングアタック」と呼ばれる現象で、起きたばかりで体が無防備な状態で花粉などを吸い込んでしまうことが原因ともいわれています。

寝室の窓やドアを閉めていても、人が出入りするだけで花粉や花粉アレルゲンはほこりと一緒に入り込み、床や寝具にたまっています。

窓やドアを閉めきっていても寝室に花粉は侵入する。

花粉シーズンは布団用乾燥機を用いるなどして布団を外に干すことは避け、寝具を掃除機できれいにすると花粉対策に効果的です。寝具だけでなく、ソファーにも花粉が落ちています。掃除機で花粉などを吸い取りましょう。ハンディタイプの掃除機が便利ですね。

寝具やソファーの花粉除去には掃除機をかけると効果的である。

➡診断第一弾「花粉編」~花粉のこと、知ってますか?

【花粉症対策診断①花粉編】花粉症対策にあなたの花粉知識レベルをチェック!

➡いよいよ春の花粉シーズン!花粉対策はお早めに!

『特集!花粉症対策』~あなたにぴったりの花粉症対策はどれ?

2018年春の花粉症シーズンに向けた予防と対策特集

➡あのNISSINの自信作らしい

たった2粒”に“ヨーグルト約50kg分”にもあたる乳酸菌5,000億個を配合【アレルライトハイパー】