fbpx

【たけしの家庭の医学】老化を遅らせる「ポリアミン」は納豆などの大豆食品やキノコ類に多く含まれていた⁉

名医とつながる!たけしの家庭の医学 老化を遅らせるポリアミンとは 

2019年4月23日のテレビ朝日系列『名医とつながる!たけしの家庭の医学』で放送された、老化を遅らせる「ポリアミン」をしっかり摂取する方法をご紹介します。

ポリアミンを増やすには大豆食品やきのこ類がおすすめ?

参照:テレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」

老化を遅らせる【ポリアミン】とは!?

●老化のメカニズム

年齢を重ねると、免疫システムが老廃物となった物質を攻撃し、身体中に小さな炎症が起こります。これが老化です。それが悪化すると血管が固くなり、動脈硬化の原因にもなります。肌にはシミが起こるのです。

●老化を遅らせる物質「ポリミアン」

自治医科大学付属病院さいたま医療センター 循環器臨床医学研究所 所長の早田邦康教授の研究で、ポリアミンという物質が免疫システムによる老廃物の攻撃(=炎症を起こす)を防ぐことがわかりました。

ポリアミンとはすべての動物の細胞内にある物質。

ポリアミンは成長に必要な物質のため赤ちゃんのときに多く存在していますが、年とともに急激に減少します。

一方、老化につながる炎症は、ポリアミンの減少と反比例して年齢とともに増加します。

✅Point! ポリアミンには老化の原因となる炎症を抑制する作用がある!

【ポリアミンの健康効果】

✅新陳代謝を活発にする効果
✅老化を防ぐ効果
✅動脈硬化を予防する効果

ポリアミンを増やす方法

●ポリアミンを多く含む食材は「大豆食品」と「きのこ類」

ポリアミンを多く含む食材は、納豆や豆腐などの大豆食品ときのこ類です。

例えば、納豆を毎日1~2パック食べると、明らかにポリアミンが増えることがわかりました。

ただし、これには数か月から1年以上かかります。できるだけ毎日欠かさず食べることをおすすめします!

Point!

ポリアミンは大豆、きのこ類などに含まれており、特に大豆を発酵させた納豆や醤油、味噌にはポリアミンが豊富に含まれています。
また、チーズなどの発酵食品などにも、微生物が生成したポリアミンが多く含まれており、しいたけ、マッシュルーム、鶏肉などにもポリアミンは含まれています。
現在では、ポリアミンの健康効果が注目され、サプリメントなどに配合されている場合もあります。

✅納豆を買ったら、レシートを捨てないで!

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえる/アプリがあるんです!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる アスパラガスを買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら