【驚愕】とくダネで「ヒノキ花粉が去年の428倍」と報道!PM2.5も大量飛来!ヒノキ花粉はいつまで?症状は?

2018年4月4日放送のフジテレビ系列「とくダネ!」

1.とくダネ!で「ヒノキ花粉が去年の428倍!」

昨日(2018年4月4日)放送のフジテレビ系列「とくダネ!」で、今年3月1日~4月2日の平均ヒノキ花粉飛散数が昨年の428倍であることが報道され、ネットで衝撃が広がっています。

昨年だけでなく2009年から毎年のヒノキ花粉飛散数と比較しても、今年の飛散数は圧倒的に高いことがわかります。

もちろんこのデータは東京都八王子市で計測したものなので、全国的な傾向と直ちに判断してよいかは議論の余地が残りますが、スギ花粉のピークが収束に向かっているにもかかわらず、さまざまな計測地点での花粉飛散量が例年より多いことからみて、ヒノキ花粉が大量飛散していることは間違いないといえるでしょう。

●ヒノキ花粉はいつまで?

例年、ヒノキ花粉のピークは、西日本や関西では4月中旬ごろまで、関東や東北では4月いっぱいです。

➡詳しくはこちらをクリック!

ひのき花粉はいつまで?ヒノキ花粉症の特徴は?

【春の花粉症】ヒノキ花粉はいつまで?ヒノキ花粉症の特徴は?

➡New!2018年は異常?!ヒノキと雨に注意!

【花粉情報】4月7日からの1週間もヒノキ花粉に注意!雨の翌日の晴れた日はしっかり花粉症対策!

2.PM2.5も大量飛散

今年はヒノキ花粉が大量飛散していることに加えて、PM2.5 も中国から大量に飛んできているようです。

PM2.5 週間予報(「PM2.5まとめ」より引用)

PM2.5 飛散予測 

大気汚染PM2.5予報(予測値)(「PM2.5まとめ」より引用)

東アジアのPM2.5飛散量

●PM2.5とは

PM2.5とは、工場や自動車、船舶、航空機などから排出されたばい煙や粉じん、硫黄酸化物(SOx)などの大気汚染の原因となる粒子状の物質のことを指しますが、ゴビ砂漠の砂、中国の工場から排出されたばい煙、自動車の粉じんなどがこの季節の偏西風にのって、日本にまで運搬されてきます。中国に近い九州地方はもとより、関東や東北地方まで影響が及ぶことも少なくありません。

●花粉はPM2.5から影響を受ける

ヒノキ花粉が例年に見られないほど大量に飛散していることを上述しましたが、大気中では花粉のままの姿で飛んでいるとは限らず、花粉から花粉症の原因となる物質「アレルゲン」が剥離したり、破裂して飛び出したりしています。そのアレルゲンがPM2.5から影響を受けて悪性が高まることもあります。花粉より微細になっているアレルゲンやもともと細かい粒子のPM2.5は鼻や目だけでなく喉や気管支にも侵入して、咳、喉のイガイガ、場合によっては喘息といった症状を引き起こす原因になります。しばらくの間、ヒノキ花粉やPM2.5の対策を怠らずに注意してくださいね。

➡花粉、風邪、インフルエンザ、寒暖差、どれも喉には過酷な環境

今年は花粉症とインフルエンザで喉がつらい?!花粉症の咳や喉のイガイガの原因や「のどケア」とは

今年は花粉症とインフルエンザで喉がつらい?!花粉症の咳や喉のイガイガの原因や「のどケア」とは

スギ花粉もチェック!2月3月4月5月の花粉情報 春の花粉症 症状や対策法
【花粉情報】春はスギ以外も!2月3月4月5月の花粉は何?春の花粉症の原因、症状の特徴、対策法

➡処方薬と同じ市販薬を知っていると便利です

花粉症鼻炎向け処方薬の効き目と眠気の比較や同じタイプの市販薬の有無~アレグラ、タリオン、ザイザルなど

【花粉症薬】花粉症鼻炎向け処方薬の効き目と眠気の比較や同じタイプの市販薬の有無~アレグラ、タリオン、ザイザルなど

➡人気No.1アレグラFXと効能効果が同じで価格が安い

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡NISSINの乳酸菌サプリ

乳酸菌で花粉症対策

たった2粒”に“ヨーグルト約50kg分”にもあたる乳酸菌5,000億個を配合【アレルライトハイパー】

➡Pick Up! ドライアイも花粉症も国民病…軽んじないで対策を!

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!

ドライアイで花粉症の目のかゆみが悪化する?!花粉症とドライアイは併発することも!