fbpx

東京都のスギ・ヒノキ花粉飛散量、昨年比4倍にも!ヒノキ花粉は昨年比10倍と記録的大量飛散だった!

東京都のスギ・ヒノキ花粉飛散量、昨年比4倍!ヒノキ花粉は昨年比約10倍と歴史的大量飛散!

東京都は5月23日、2018年1月4日から5月13日までに東京都内12拠点(千代田・葛飾・杉並・北・大田・青梅・八王子・多摩・町田・立川・府中・小平)で実施したスギ・ヒノキ花粉観測結果を報告しました。

1.今春の飛散花粉数は、昨春の約4.1倍

東京都によると、今春の東京都内のスギ・ヒノキ花粉の合計飛散数は、昨春2017年の約4.1倍の量になりました。

個別にみると、

  • スギ花粉の飛散数 : 昨春の約2.5倍
  • ヒノキ花粉の飛散数 : 昨春の約10.4倍

と、どちらも昨年比で大幅にアップ。とりわけヒノキ花粉の飛散量が昨年比10倍以上も増えるという大量飛散となりました。

「今年は花粉症がひどい!」という声が多く聞こえましたが、それもうなずける記録的な飛散状況でした。

東京都2018年春の花粉飛散主計グラフ 2017年との比較

➡舌下免疫療法でおなじみ、大久保公裕先生がこの春の花粉症を振り返る!

名医が教える花粉症の治し方 連載第一回前編

2018年春の花粉症を振り返り、花粉症年間カレンダーで今後の対策を検討しよう!~大久保公裕教授インタビュー(前編)

2.今春は過去10年平均の約2.4倍

今春のスギ・ヒノキ飛散量の合計は、2008年から10年間の飛散量平均の約2.4倍でした。

スギ花粉が大量飛散した2011年には及ばなかったものの、それに次ぐ大量飛散の年となりました。

過去10年間平均との比較グラフ スギ・ヒノキ飛散量

スギ花粉でみると過去10年平均の約1.5倍、ヒノキ花粉は過去10年平均の約5.9倍となりました。

3.スギ花粉、ヒノキ花粉もほぼ終息

東京都内で観測されるスギ・ヒノキ花粉の飛散数は、4月上旬から少なくなり、5月9日でスギ花粉の飛散はほぼ終息し、ヒノキ花粉も間もなく終息の見込みです。
※花粉の飛散終息日:飛散終了時期に、花粉の数が0個だった日が3日間続いた最初の日の前日

4.来年はヒノキ花粉症にも注意

今春のヒノキ花粉飛散量は歴史的ともいえる大量飛散でした。これまでヒノキ花粉症ではなかった人も今回、大量のヒノキ花粉に曝露したことによって、体内にヒノキ花粉に対する抗体が産生されている可能性があります。すると来春ヒノキ花粉を体内に吸収したときに花粉症が発症する恐れを否定できません。来春はスギ花粉症だけでなくヒノキ花粉にも注意することをお忘れなく!

➡花粉症対策は花粉シーズンが終わった直後に!花粉症治療第一人者、大久保公裕先生の花粉症の治し方!

2018年春の花粉症を振り返り、花粉症年間カレンダーで今後の対策を検討しよう!~大久保公裕教授インタビュー(後編)

2018年春の花粉症を振り返り、花粉症年間カレンダーで今後の対策を検討しよう!~大久保公裕教授インタビュー(後編)

➡茶カテキンと漢方パワーが花粉症にも評判

公式サイトへ

完全無農薬栽培でできた安心なお茶「白井田七。茶」

➡人気No1花粉症飲み薬「アレグラFX」と同じ効能効果で価格が安め

アレルビ

アマゾンで買う アレルビ
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品