fbpx

ウェザーニュース、2019年花粉飛散傾向第1報「首都圏で6年ぶり大量飛散」~今年はスギ・ヒノキ花粉飛散量が少なかったの?来春はどれだけ大量なの?

ウェザーニュースは本日2018年10月1日、2018年春の花粉飛散量と2018年夏の気象状況から、2019年春のスギ・ヒノキ花粉シーズンの全国飛散傾向を発表しました。それによると、来春の花粉飛散量の傾向は、全国平均で平年の6割増、首都圏で6年ぶりの大量飛散になると予想しています。

1.ウェザーニュースは、2018年は花粉飛散量が少なかったと評価、2019年は飛散多めと予想

ウェザーニュースによると、

全国的に花粉飛散量が少なかった2018年と比べても、北海道を除いて花粉飛散量はほとんどの地域で多くなる予想です。山陰では 2018年シーズン比で7〜9倍、関東でも2〜7倍となる地域もあります。東日本を中心に、6年ぶりの大量飛散となる恐れがあるため、ここ数年、花粉症の症状が軽かった方も油断せず、2019年シーズンは早めの対策がおすすめです。

(ウェザーニュースHPより)

というように、2018年春の花粉飛散量は少なかったと評価しています。その上で多くの地域で来春は花粉飛散が多めになると予想しています。

例えば、以下は関東の過去10年の花粉飛散量と2019年予想のグラフですが、2018年をみると平年比よりかなり少なめと評価しています。

ウェザーニュース 2019年花粉予測 関東

(ウェザーニュースHPを撮影)

2.花粉情報協会は、2018年は多くの地域で花粉量が多かったと評価、2019年は平年並みかやや多め

NPO花粉情報協会理事で気象予報士の村山貢司氏は、2018年9月19日に開かれた花粉情報協会協会主催のセミナーで、来春のスギ・ヒノキ花粉飛散量は、今夏(6~7月)の日照時間や気温、今年の花粉飛散状況などを考慮し、大半の地域で過去10年平均と同程度かやや多い飛散量が見込まれると発表しています。

ただし、その前提条件として2018年春の花粉飛散量は多くの地域で平年より多かったと評価しており、とりわけ飛散が多かった関東では2019年は10年平均をやや下回るとしています。

関東地方に関しては、水戸市では今年の飛散量が約7,500個/cm2/season(以下、個)と10年平均を大きく下回ったため、来年は約9,000個と予測した。その他の地点〔宇都宮市、高崎市(群馬県)、千代田区など〕では今年の飛散量が10年平均を著しく上回っていたため、来年は今年を大きく下回り、10年平均をやや下回る見込みであるという。

(メディカルトリビュートHPより)

3.ウェザーニュースの通りなら、来春の飛散量が今から恐ろしい

一般的に、その年の花粉飛散量は前年の飛散量に大きく左右され、6~7月の気象条件(日照時間、気温など)にも影響を受けるとされています。前年の飛散量が少なく、6~7月の日照時間が長いほど翌年の飛散量は多くなります。

今年は猛暑で日照時間が長かったので、来春の飛散量が多くなる要因となりますが、前年の飛散量をどう評価するかで、来春の予想が変わってきます。ウェザーニュースは今年の飛散量が少なかった「裏年」とみているため、来年は「表年」となり、飛散が多めと予想しているわけです。

しかし、2018年のスギ・ヒノキの花粉飛散は、猛威を振るっていた地域が多かったことが記憶に新しいところ。筆者の体感としても、平年以上に花粉飛散量が多かったと言って間違いありません。ウェザーニュースの予想のように、来春は今年以上に大量の花粉が飛散するのであれば、相当な量であることを覚悟しなくてはなりません。本当に早めの対策が必要です。

おそらく、数日以内に日本気象協会からも来春の花粉飛散予測第1報が公表されるはずですので、その内容をまたレポートします。

➡10月、11月の各地の花粉情報~秋の花粉症はいつまで?
10月11月の花粉情報

【花粉情報】秋の花粉症はいつまで?10月、11月の花粉カレンダー~特徴や対策法も

➡人気の「アレグラFX」と同じ成分で価格が安め

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡花粉症向け処方薬で定番「アレグラ」と同じ市販薬

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレグラFX 28錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡ロート自慢の最大濃度が目のかゆみに効く

ロートアルガード クリアブロックZ

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ロートアルガードクリアブロックZ 13mL ※セルフメディケーション税制対象商品