fbpx

【花粉症薬】花粉症の処方薬「ザイザル」とは?ジルテックやアレグラとの違い

花粉薬ザイザルの効果、ジルテックやアレグラとの違い
「ザイザル」は花粉症などのアレルギー性鼻炎による鼻水や鼻づまりの治療のために病院でよく処方される薬です。

ザイザルとはどのような薬なのか、ジルテックやアレグラとの違いなどをご説明します。

➡7月8月は何の花粉症?全国の地域別花粉飛散情報はこちら

【夏の花粉情報】7月、8月は何の花粉症?地域ごとの花粉症の原因となる花粉飛散情報や症状の特徴、対策法について

【夏の花粉情報】7月、8月は何の花粉症?地域ごとの花粉症の原因となる花粉飛散情報や症状の特徴、対策法について

1.ザイザルは第2世代抗ヒスタミン薬

花粉症などのアレルギー疾患を治療するために使用される薬として一般名「レボセチリジン」という抗ヒスタミン薬があります。そのレボセチリジンの商品名が「ザイザル」です。

くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状は、身体が異物(例:病原菌、本来は無害なはずの花粉など)として認識している物質を排除しようとする免疫反応の結果放出されるヒスタミンが、H1受容体(ヒスタミン受容体)と呼ばれる部分に結合した結果起こるものです。そのため、H1受容体を阻害、ブロックすれば、ヒスタミンの働きを抑制でき、アレルギー症状が抑えられます。

抗ヒスタミン薬とはヒスタミンがH1受容体を刺激するのをブロックすることでアレルギー症状を抑える薬です。

初期に開発された第1世代抗ヒスタミン薬は眠気や口の渇きといった副作用が起こりやすい。そこで、その後に第2世代抗ヒスタミン薬と呼ばれる副作用を和らげた薬が開発されました。レボセチリジン、商品名「ザイザル」はその第2世代抗ヒスタミン薬です。

ちなみに、よく聞くアレグラやタリオン、クラリチンも同様に第2世代抗ヒスタミン薬です。

2.ザイザルはジルテックの眠気を改善

レボセチリジンには一般名「セチリジン」という元となる薬があります。セチリジンの商品名が「ジルテック」です。

セチリジン(ジルテック)には、よく似ているが異なる2つの物質(R体とS体)が混ざっています。その2つの物質の中で「薬としての作用が強い片方」(R体)だけを取り出して薬にしたのがレボセチリジン(ザイザル)です。

薬としてセチリジン(ジルテック)とレボセチリジン(ザイザル)はほぼ同じ作用を示しますが、レボセチリジン(ザイザル)はセチリジン(ジルテック)の眠くなりやすさを改善しています。

レボセチリジン(ザイザル)➡作用が持続し、眠くなりにくい

ザイザルとジルテックの違い

3.ザイザルに市販薬はない

ザイザルは国内で2010年に医療用医薬品として発売になりました。現時点(2018年5月)ではジェネリック(後発医薬品)や市販薬は発売されていません。

  • 成人(15歳以上):通常、1回1錠(主成分として5mg)を1日1回就寝前に服用します。年齢・症状により適宜増減されますが、1日最高服用量は2錠(10mg)です。
  • 小児:通常、7歳以上15歳未満の小児は1回1/2錠(主成分として2.5mg)を1日2回、朝食後および就寝前に服用します。
  • ザイザルシロップ 0.05%は生後6か月以上の乳児でも使えます。

4.効き目や眠気の比較

ザイザルはジルテックより眠くなりにくいといっても、眠気を催すことがあるので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作は避けてください。
飲酒によって眠気、倦怠感などが強くなる可能性があるので、注意してください。

人気の花粉症薬アレグラより効き目は強いですが、アレグラより眠くなりやすいです。

抗ヒスタミン薬 眠気と効き目 比較

2016年11月に新たに発売されたのが「ビラノア」と「デザレックス」で、効き目はザイザルと同程度でアレグラよりも眠くなりにくいとされています。2018年には1か月といった長期処方もできるようになったので、今後はザイザルだけでなく、ビラノアやデザレックが処方されることも増えそうです。

➡発売から1年たち1か月分処方してもらうことも可能に

【花粉症薬】処方薬ビラノアとデザレックスとは~アレグラやザイザルよりも人気になる?!

➡効き目が強いアレロックの特徴は?

【花粉症薬】効き目が強い処方薬アレロックとは?アレグラやザイザルとの違いは?

➡人気No1アレグラFXと同じ効能効果で値段は安い

アマゾンで買う

【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡じゃばらのナリルチン成分は花粉症に効く

公式サイトへ

アレルトールの詳しいことはこちらをクリック

➡茶カテキンと漢方パワーが花粉症に効く

公式サイトへ

花粉症にも!「白井田七。茶」