fbpx

今年の花粉2月上旬から飛散開始、東京はピーク長い(日本気象協会)2020年花粉飛散予測【第3報】

今年の花粉2月上旬から飛散開始、東京はピーク長い(日本気象協会)【2020年花粉飛散予測(第3報)】

日本気象協会は2020年1月22日、2020年春の花粉飛散予想【第3報】を発表しました。

それによると、花粉の飛び始めは2月上旬で九州、四国、東海、関東の一部からスタート。東京では花粉飛散のピークが例年より長い予想です。

ここでは、1月22日に発表した日本気象協会の「2020年春の花粉飛散予測第3報」の内容をご紹介します。

1.飛び始めは2月上旬、例年よりやや早いか

2月上旬に九州、四国、東海、関東の一部から、花粉シーズンがスタートすると予想されます。おおむね例年並みかやや早くなりそうです。

近畿、長野、北陸、東北では、例年並みか、例年より少し早く花粉が飛び始めるところがある見通しです。

すでに近畿や関東では、わずかながら飛散が確認されているところもあります。

花粉飛散開始予想

2.花粉のピークは例年並み、東京は長めか

例年、スギ花粉の飛散ピークは2月下旬から3月下旬にかけてですが、ピークの時期は例年並みとなる所が多いでしょう。ただし、東京ではピークが例年より長くなりそうです。

スギ花粉のピークが終わるとヒノキ花粉が飛び始め、ピークは3月下旬から4月下旬です。東京では4月上旬から下旬にヒノキ花粉の飛散のピーク時期となる見込みです。

花粉のピーク予想

3.花粉飛散量は少なめか

花粉飛散量は、九州から関東甲信にかけて、例年や前年より少ない見込みです。
特に、九州では非常に少なく、中国や近畿でも非常に少ない所があるでしょう。
東北南部は、おおむね例年、前年並み、東北北部と北海道では例年、前年よりも多い見通しです。これは前シーズンの飛散量が例年に比べて非常に少なかったためです。

各地域の花粉飛散傾向

4.まとめ~油断しないで対策を!

1月中頃からすでにスギ花粉が飛び始めている地域もあります。本格的に飛び始める直前に「初期療法」と呼ばれる花粉症対策を行うことで、花粉シーズンをラクに過ごせるとすすめられています。シーズンに突入して病院が混雑する前に早めに診察を受けるといいでしょう。

「初期療法」や、今シーズンから始まった新治療法「ゾレア」については、以下を参照してください↓

2020年花粉シーズンに新治療「ゾレア」登場、初期治療で早めの花粉症対策がおすすめ!~日医大・大久保公裕教授に聞く

2020年花粉シーズンに新治療「ゾレア」登場、初期療法で早めの花粉症対策がおすすめ!~日医大・大久保公裕教授に聞く

➡人気の「アレグラFX」と同じ主成分で価格が安め

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

【飛散開始日】
1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日
【花粉の種類について】
北海道はシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。
【飛散量に関する言葉の説明】
非常に多い :前シーズン (例年)の200%以上
多い:前シーズン (例年)の150%以上200%未満
やや多い:前シーズン (例年)の110%以上150%未満
前シーズン(例年)並 :前シーズン (例年)の90%以上110%未満
やや少ない :前シーズン (例年)の70%以上90%未満
少ない :前シーズン (例年)の50%以上70%未満
非常に少ない :前シーズン (例年)の50%未満
【期間に関する言葉の説明】
前シーズン :2019年シーズン飛散量
例年 :過去10年(2010~2019年)の平均値