fbpx

【2021年花粉飛散予測(第1報)】来春の花粉、2020年より大きく増えるが、例年よりは少なめ⁉2大気象会社の予想とは?

日本気象協会ウェザーニュースはそれぞれ、2021年春の花粉飛散予想第1報を発表しました。

それによると、両社とも来春の花粉飛散量は、少なめだった前年と比べると大きく増加する傾向であるものの、例年に比べると少なめと予想。

ここでは、9月30日に発表した日本気象協会の「2021年春の花粉飛散予測第1報」と、ウェザーニュースの「2021年春の花粉飛散傾向」の概要について、比較しながらご説明します。

*北海道はシラカバ花粉、その他の地域はスギ・ヒノキ花粉の飛散予想です。

1.【前年比】でみる来春の花粉予想

日本気象協会、ウェザーニュースとも、来春の花粉飛散量は前年2020年と比べて多くなると予想しています。

・日本気象協会の予想

・ウェザーニュースの予想

2.【例年比】でみる来春の花粉予想

例年比(または平年比)とは、過去10年間の平均値と比較したものです。例年と比較した場合の2021年予想については、両社とも少なくなると予想しています。

・日本気象協会の予想

日本気象協会は、九州から東北にかけて広い範囲で例年より少ないと予想しています。特に、九州と関東甲信は非常に少なく、近畿でも非常に少ない所があるそうです。東海や北陸は例年よりやや少なく、北海道は例年並みの予想です。

・ウェザーニュースの予想

ウェザーニュースは、来春はエリアによってややバラつきがあるものの、概ね平年より少なくなる予想です。全国平均では平年の80%程度になるとみています。

3.花粉量はどうやって予測する?

スギやヒノキなどの花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は雄花が多く形成され、翌春の飛散量が多くなるといわれています。

予測のポイント 前年夏の気温・雨・日照時間

2020年の夏は、7月は日本付近に梅雨前線が停滞し続けたため、九州から東北にかけて降水量が多く、西日本と東日本では日照時間が記録的に短くなりました。一方で8月は、勢力の強い太平洋高気圧に覆われ、西日本と東日本では気温がかなり高く、日照時間は多くなりました。北日本では気温は高く、日照時間は太平洋側では多くなりました。

その結果、今夏の気温は全国的に高かったものの、日照時間は平年並〜少ない水準となり、雄花の生長にはやや不向きな夏となったと考えられています。

4.まとめ~舌下免疫療法を開始するなら今!

2020年春の花粉シーズンは新型コロナ感染症の拡大と重なり、咳やくしゃみをするとコロナと間違えられて困ったり、市販マスクが不足する問題が発生しました。コロナ禍の今後の見通しは不透明で、来春も同様の状況に陥る可能性は否定できません。

花粉症治療には対症療法が中心ですが、スギ花粉症には舌の下にスギ花粉エキスの錠剤を置いて体を慣らし根治を目指す免疫療法があります。スギ花粉は12月頃からわずかに飛び始めるため、この治療を始めることができるのは11月までです。治療には3年から5年かかりますが、8割の患者さんが治療の効果を実感しています。ご興味のある方は早めにアレルギーや耳鼻科の医師に相談してみてください。

スギ花粉症の舌下免疫療法については、以下を参照してください↓

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬「シダキュア スギ花粉舌下錠」とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

『スギ花粉症の舌下免疫療法』や新薬『シダキュア スギ花粉舌下錠』とは~日医大・松根教授がやさしく解説!

➡人気の「アレグラFX」と同じ主成分で価格が安め

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

➡ロート自慢の最大濃度がかゆみに効く

アマゾンで買う

【第2類医薬品】ロートアルガードクリニカルショット マイルド 13mL