fbpx

来春スギ花粉の飛散開始は2月上旬から、昨年より多い予想(ウェザーニュース)2021年花粉飛散傾向【第2報】

2021年スギ花粉の飛散開始は2月上旬から、昨年より多い予想(ウェザーニュース)2021年花粉飛散傾向【第2報】

ウェザーニュースは2020年12月2日、2021年春の花粉飛散傾向【第2報】を発表しました。

それによると、花粉飛散は2月上旬に関東から開始し、飛散量は広範囲で2020年よりも増加するとみています。

ここでは、12月2日に発表したウェザーニュースの「2021年春の花粉飛散傾向第2報」の概要をご紹介します。

1.飛散開始早まる、東京は2月上旬から

ウェザーニュースは、スギ花粉の飛散開始に影響する2020年12月〜2021年2月の気温は、全国的には概ね平年並となる予想しています。

そこで、2月上旬には関東を中心に飛散が始まり、2月中旬には近畿や東海など西・東日本の広範囲で、2月下旬には北陸や東北南部、3月上旬には東北北部でも飛散が始まるとみています。

花粉飛散開始予想

2.スギのピークは2月下旬~3月中旬

●スギ花粉のピーク

西・東日本の広範囲でスギ花粉の飛散ピークは、2月下旬〜3月中旬にかけて迎える予想です。

東北の飛散ピークは3月上旬〜4月中旬になるとみています。

●ヒノキ花粉のピーク

3月後半に入るとスギ花粉の飛散は徐々に収まり、代わって西日本からヒノキ花粉の飛散が増えていきます。

ヒノキ花粉の飛散ピークは西日本や東日本で概ね3月下旬〜4月中旬、北陸や東北南部では4月上旬〜下旬とみています。

●シラカバ花粉のピーク

シラカバ花粉が飛散する北海道では道南・道央がゴールデンウィーク前後、道北・道東が5月中旬に飛散のピークを迎えるとみています。

花粉のピーク予想

3.飛散量は昨年より多い予想

2021年のスギ・ヒノキの花粉飛散量は、飛散量が少なかった2020年と比べると、広い地域で多くなる予想です。全国平均では2020年比で160%程度になる見込みですが、中には昨年の2倍になる所もありそうです。

一方、2020年の飛散量が多かった北海道のシラカバ花粉の飛散は控えめになりそうです。

平年比でみると、全国的に下回る予想で、全国平均では平年の70%程度になるとみています。

4.まとめ~コロナもあり早めの対策を

詳細な飛散開始時期は1月下旬以降の気温動向に大きく左右されるため、最新の花粉情報をこまめに確認してください。新型コロナ感染症が早期に収束するか不透明な状況なので、花粉シーズンに突入して病院が混雑する前に早めに診察を受け「初期療法」を行うことをおすすめします。

「初期療法」や、2020年から始まった新治療法「ゾレア」については、以下を参照してください↓

➡人気の「アレグラFX」と同じ主成分で価格が安め

アレルビ

アマゾンで買う
【第2類医薬品】アレルビ 56錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

✅お買い物をしたら、レシートを捨てないで!

大人気!\健康に評判の食品やグッズのレシートを撮るとポイントがもらえる/アプリがあるんです!1000ポイントで100円のAmazonポイントに交換可能です!

ハッピーレシートアプリ 画面

ハッピーレシート レシートがお金に変わる たまねぎを買ったレシートでポイントがもらえる

ハッピーレシートアプリのダウンロード(無料)はこちらから↓↓

ハッピーレシート 花粉症対策をお得にするポイントアプリ iOSアプリダウンロードはこちら