fbpx

【花粉症薬】市販の目薬『ザジテンAL点眼薬』のタイプ、使用回数、処方薬やジェネリック商品の有無、価格など

ネット通販で買えるよ

  • 1回1~2滴、1日4回(朝・昼・夕方及び就寝前)点眼します。
  • コンタクトレンズ装着時には使用できません。
  • 同じ成分の処方薬があります。ジェネリック市販薬はありません。

参照:GSKホームページ

薬のタイプは?

  • ●抗ヒスタミン作用と抗アレルギー作用を合わせ持つケトチフェンフマル酸塩が100mL中に69mg(ケトチフェンとして50mg)含まれています。
  • ●ヒスタミンなど体内で放出されたアレルギーの原因物質をブロック(抗ヒスタミン作用*症状を抑える)します。
  • ●ヒスタミンなどが放出されるのを抑制(抗アレルギー作用*アレルギーになるのを防ぐ)します。
  • ●結膜の炎症を改善し、症状が繰り返し起こりにくい状態を保ちます。(抗炎症作用
  • ●抗アレルギー作用があるので、症状の軽い早めの時期からの服用が効果的です。
  • ●pHがアルカリ性で、浸透圧が低く、目にしみる感じがあります。
  • ●コンタクトレンズ装着時には使用しないでください。
  • ●セルフメディケーション税制対象商品(*)です。

(*)セルフメディケーション税制対象商品とは、スイッチOTC医薬品(医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。

Point! 抗アレルギー作用とは

ケミカルメディエーターとはかゆみの原因となる化学物質のことで、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンA2などがあります。それらが放出されないように抑制する作用を抗アレルギー作用(ケミカルメディエーター遊離抑制作用)と呼びます。アレルギーが発症するのを予防したり症状が悪化するのを防ぐ効果が期待できます。

どんな効能や効果?

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる目のアレルギー症状(*)を緩和します。
(*)目の充血、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、なみだ目、異物感(コロコロする感じ)など。

注意することは?

・点鼻薬と併用する場合には、使用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。(眠気等があらわれることがあります。)

・妊婦や妊娠していると思われる人は使用を避けてください。

・コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。

・pHがアルカリ性で、浸透圧が低く、目にしみる感じがあります。

何歳から服用できる?

1才未満の小児は使用しないでください。

使用回数は?

1回1~2滴、1日4回(朝・昼・夕方及び就寝前)点眼してください。

同じタイプの処方薬(医療用医薬品)はある?

処方薬「ザジテン点眼液0.05%」と成分量や添加物はいずれも同じです。

ジェネリック(後発医薬品)はある?

処方薬「ザジテン点眼液0.05%」にはジェネリック医薬品が販売されていますが、市販薬「ザジテンAL点眼薬 」にジェネリックはありません。

価格は?

ザジテンAL点眼薬 」のメーカー希望小売価格は、 1,380円(10mL、税抜)です。

Amazonでは 1,037円(税込)で販売されています。(2019年2月1日時点)

価格比較

ザジテンAL点眼薬 ザジテン点眼液0.05%
10mL 5mL
1,380円 610.1円

子ども用は?

ザジテンAL点眼薬 」は1歳以上が対象です。

ネット通販は?

第2類医薬品なので、インターネット通販で購入できます。


アマゾンで買う